新着記事
カテゴリ
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2005年08月03日

The Last Supper?



ごめんね、日本代表…。

サイキン、ピエロにハマってます。
そうです!焼きたてジャぱんのあのピエロです!

と、大きな声で言ってもわかる人にしかわからないですね(笑)


ピエロの「ごめんね」のイントネーションが頭から離れず。
世界レベールのピエロのマネをしたいがために、謝ることを探してみる(笑)
語尾に「さ」をつけるあたりも習得したい(笑)
そんなわけで、同じく「さ」をつけがちな宮城県出身の友人にコーチを依頼したのですが、世界レベールのピエロとはやはり違う。何かが違う。
そんなこんなで宮城訛りなのかピエロ訛りなのかわからない言葉をしゃべってる今日この頃です(一気


先週のピエロのサイゴの言葉が妙に気になって。

「でも、ごめんよ日本代表。実は僕カナヅチなんだ…」

と、つぶやきながら大きなカナヅチを十字架さながら背中にしょってブクブクと沈んでいくピエロの図。


こ、これは死亡フラグ?


世界レベールのピエロだもの、そんなことじゃ消えない…はず。


諏訪原がどうしても海堂に見えてしまうさ。
諏訪原がどうしてもスアブラに聞こえてしまうさ。
どうしよう日本代表。
イグレシアの滝でフリオ・イグレシアスの歌を歌うピエロ…。
あ、イグレシア繋がりでフリオだ!って喜んじゃったさ。
…。
対象年齢を余裕でクリアしちゃったさ。
でも、ごめんよ日本代表。実は母がファンだったから知ってたんだ…。


などと回想しながら、ピエロの行く末は…。と帰宅早々ビデオを観る…。


心配しなくて大丈夫さ。僕は世界レベールのピエロ。エラ呼吸で泳ぎきったさ。


そういった内容。

…。

うーん。
なんかオソマツ。
でも、いいか。ピエロが無事だったから。
ところで、あのパンはどうなんだろう。美味しいのだろうか。
かまぼこベースのパン。
ピエロの真のリアクションが見たかった。
想像だけだと、どうしてもやっぱり魚のニオイが残りそう。
今までの中だとミドリ亀ジャぱんが一番美味しかったんだけど、ある日突然店頭から消えちゃったんだよねぇ(笑)
あまり評判よくなかったのかなぁ。



全然関係ないのだけれど。
“シーサー”という単語を見聞きすると、

「オレはやるぜ!オレはやるぜ!やるぜやるぜ!オレはやるぜ!」

の、血の気の多いシーサーを思い出してしまいます。

…ワタシだけかな。


そうそう。
ピエロの声はスネオの声。という話を小耳にはさんだのですが…。
だ、だから、ママどこ?なの????

…。



ペコリナイト思い出しながら水10!観ます。



あーそうそう。
イグレシアの滝で、イグアナの娘を思い出したりしたのも私だけでしょうか…。


posted by ruru at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。