新着記事
カテゴリ
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2004年10月27日

Eternal Flame...

「姫は王子様がどのように戦ってきたかを見ていない…実はそこにドラマがあるのに…」


瞳と瞳が合って指がふれあうそのとき〜すべての謎はと〜け〜る〜のよ〜〜〜〜〜♪


“眠れる森”再放送にハマってます。
56年前に放送されたときも、毎週ドキドキしながら観てました。
懐かしいとともに、新鮮なショックを受けてます(笑)
前、観てたときも思ったのだけれど、中山美穂さんの洋服がステキだなぁ、と。
ジャケットとか園芸用のエプロンとか、ステキステキと騒いでたんだけど、今なら、ロングスカートも着れそうかも…と思ったりなんかして。
歩く速度はチンタラしてるみたいに見えるらしいのだけど、意外と歩幅が広いからロングスカートだと破けそうで(笑)
普通に一歩踏み出したら、スカートの裾の反動で足が戻ってきて転倒しそうになったこと何度もあるから(笑)
それに当時としては、やけに大人っぽい印象があったからね。
今なら大丈夫かも(自分に期待…

このドラマ、サスペンス+ミステリーショック+若干ラブストーリーという私の嗜好に合いすぎ。
ストーリーは複雑だし、解き明かされていく真実がさらに複雑怪奇だし。
想像で流しつつ、ついていかないと置いてかれるスリル感満載(?)
でも、そういうとこの勘は冴えてたりするんだよね。
先を読んでいくのではなくて、過去の事実から現在を読むというか。
逆?
現在から過去を探り当てる、というか。
誰かが、途中途中で整理しながらじゃないと、ついてけない。と言ってたのだけど、アバウトさが上手く作用して私には苦じゃなかったんですねー。
でも、詳しく説明を求められても上手く説明できないのがアレですが。
結末は、もー、どーしてーよー。というものなんだけど、中山美穂さんの雰囲気なのでしょうか、哀しいのだけど穏やかな余韻の残るドラマだったと記憶してます。

ユースケ・サンタマリアが出演してるんだけど。
コワーイです。
凶暴な怖さではなく、狂気的なコワサ。
これ観てたから、ユースケは物凄く二面性のある人かもしれない…とか思ってしまって、“踊る”シリーズを観ててもいつ豹変するか、と怖くて(笑)
人間的に弱い部分のある演技が上手、というか。
演技じゃないのかも、と思わせるあたりがもしかしたらホントに上手なのかな?

犯人のような気がする…と思わせる演技と、全くのシロだと思わせるのと、同じようにスゴイと思ってしまうのですが、このドラマは全員が犯人に見えてしまいます。皆、怪しすぎ。
今は犯人も流れもある程度わかっているから、昔観たときギャーと怯えたシーンも「やるなぁ陣内さん」と思ってしまい、それもツボです。
ただ性格上、もー一気に観たくなってしまうので、これは少し我慢して最終回まで録画してしまおう、と。
で、一気にと。
そして、なぜタイトルが“眠れる森”なのかという想いにどっぷり浸かろうと(笑)
小さな恋のメロディも繋がりがあるということを知り、そんなことを含めつつ一気観賞の日がささやかな楽しみのひとつとなってます。
主題歌の「カムフラージュ」を歌ってると、途中でThe BanglesEternal Flameになってしまいます。
邦題「胸いっぱいの愛」…。
有り得ない繋がりだと友達は言うけれど、私としてはとても気に入ってます。


さて、新選組!ですが(笑)
今回、自宅でゆっくり観れなかったので今ひとつ集中できなかったのですが(笑)
とりあえず平助VS総司が思いすごし過ぎで良かったな、と。
でも、次週は平助VS新選組になっちゃうのかな。
「アイツが逃げるわけないでしょう!!!」と総司(みたいな)の叫ぶ声が予告であったのだけど、史実(?)通りの運びなら甲子太郎と共に…。
サイキン、思うのですが、最終回はどこまでの話になるんだろうか、と。
一番長生きした人に合わせて欲しいナァ。
とてつもない長いお話になっちゃうけど、人の一生って最後の最後までわからないものだから。
最期を迎えたあとにもお話が続くこともあるわけだから。
って考えると、どこで終っても色んな意味があるんだけど(笑)

というか、ただ最終回を延ばして欲しいだけのことなんだけどね(笑)

なんだかんだと捨助が憎めない。
竜馬を裏切らなかったこと、近藤さんじゃないけど大いに誉めてあげたい(笑)
「初めてかっちゃんに誉められたー」と喜んでた捨助を見て、人間の願いってそういうものなんだよね、としみじみ思ったり。
ホントささやかな願いなんだよね。
特定の誰かにちゃんと認めてもらいたい。誉めてもらいたい。
それが思い通りになったときの喜びを一回でも知れば、強く生きていけるんだと思う。
自信に繋がるから。
捨助がピンポンのドラゴンと同一人物だと知った甥っ子の驚きと言ったら。

そりゃもう大騒ぎさ。


話しがコロコロ変わりますが、地震のとき私は外にいました。
歩いてるとわからないものです。
やけにお店のシャッターが揺れてる…と、そればっかり見てました。
お店の中にいた友達に手を振ろうと思ったら、友達を始めお茶飲んでるお客さんたちが凍ってるから、あれ?と。
地震もコワイけど、雨が続いて地盤が緩んでいくのがもっとコワイです。







posted by ruru at 01:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。