新着記事
カテゴリ
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2004年09月28日

Natural surprise ?!

イエース!イエース!イエース!の快感CMでお馴染み(?)のシャンプーを使ってみました。
無謀と言えば無謀(笑)
ローズヒップの香りは好きなんだけど…。
私の髪には合わなかった。
イエースイエースイエーーース!!って叫びたかったんだけどな(笑)

旅行前日に、いつもの美容院でいつもの美容師さんに発作が起こり(笑)
どーしてもやりたい。絶対似合うから。というオススメで久々クルクルパーマを(笑)
パーマは良かった。指先でくるくるくる〜とやるだけで、スタイリングオッケーという、まさに私にうってつけ。
だがしかし、色が…。
鏡の中の自分に「アンタ誰?」と。
似合うじゃーん。と美容師さんは満足気でしたが。

ま、旅行先では知らない人ばっかだしね、と(笑)

でも(笑)先日美容院で落としてもらいました。
ヘアマニキュアをしてもらったりトリートメントをしてもらったりしたのだけど、やっぱり痛んでしまってて。
トホホな気分を晴らすために、イエース!イエース!イエース!に飛びついてしまったんですね。
いつものがなくて、ちょっと投げやりだったのかもしれない(笑)
ウへーンと泣いてたトコに友達の妹さんから電話があり。
サイキンは友達よりも妹さんと会うことが多く(笑)
7歳違うけど、面白くて面白くて。
美容師の卵ちゃんなので、髪の毛の簡単な手入れ法とか教えてもらったり。

で、ですね。
今日、食事したときに私がいつも使っているシャンプーとリンスをかわいくラッピングして持ってきてくれたんですねー。
なんかもう。
嬉しくてクルクル回ってしまいました(バカ
いつものシャンプーで髪の毛も、元気にクルクルしてます(笑)
ありがとねー。
posted by ruru at 03:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

Sticks and Stones.

「私がっ!見つけましたっ!」

他の人の手柄を自分のことのようにアピールするその姿にウケたのは、役者さんがトリビアの人だったからというのもあったけど。
そんなことも含めつつ、正直、ウケ2ヒキ8というのが本音だったわけですが。
トリビアの人じゃないとしても、ウケてしまうのはその人のあまりの小粒さからってこともあり。
こういう人に対応するには、近藤さんみたいに長い目で見守ってあげるか、笑って流すしかないかな。
ただ、他人のふんどしで相撲をとろうとする人には、私は長い目なんて持ち合わせてなく。
だってさ。
自分のせいで切腹する人を見てられる人ですよ?
信じられない。
まさに他人の土俵でふんどしをとる人だね。観柳斎って人は。

…鼻息荒く何を吠えているんだという話ですが(笑)
新選組!です。ハイ。

うーん。今回はもう、血管切れるんじゃないかと思うくらいムカついたり、ため息ついたり。
さんじゅうろおおおおおおお!!!!何やってんだーーよーーー!!!
はぁぁぁぁぁぁぁぁ。
出来ないことは出来ないとはっきり言う潔さすら持ってないのね。


なんだか、もお!もお!もおおおお!と牛になりそうな勢いで叫びながらの小一時間でした。
切腹後飛脚がくるんだろうな、というあまりの予想通りの展開に、ため息ひとつ。ふたつ。みっつ。
せめて一週間後とか、たっぷりの時間遅れで飛脚が到着してくれれば、まだねぇ。
一緒に観ていた甥っ子もやはり納得いかない様子で、アレヤコレヤと対策を練っていましたが(笑)
ドラマに向かって対策言うっていうのもアレですけど(笑)


「だけどさ、これで見逃したら山南さんの死の意味がなくなっちゃうよね。」

と甥っ子を諭したのと殆ど同時に土方が同じようなことを…。
トシってやっぱりいいよねぇ。変に律儀で。

勘定方にしたって、ホントのことを言ってしまえば良かったのに、と思う反面、信頼のおける人格の持ち主なんだなと敬服する部分もあったり。
美学というか美意識(笑)というか、ポリシーみたいなものを貫いてしまったんだろうな、と。


観柳斎はこれからも何食わぬ顔で過ごしていくのかな。
バレバレなのに。
そういったトコで図太いのは、どういった神経なんだろうか、と不思議に思う。
同じ図太さなら甲子太郎みたいに、スイスイと時流に乗っていける方がまだ許せるね。
甲子太郎は小賢しい競り合いなんてしないものね。
コンプレックスなんて持ってないんだろうから。


くさなぎくんが榎本武揚役で友情出演するらしいですね。
洋装で登場するとのこと。楽しみです。
榎本武揚といえば五稜郭という安易な連想ですが、五稜郭はきれいな五角形なんですよね。
どこから攻撃されても死角がないように設計されたとはいえ、キレイです。
お土産といえばトラピスチヌバタークッキー。
これはサブレみたいで美味ですよね。
サイキンは“新選組フィギュア”なんてのがあるらしく。
ほ、欲しい!とヨダレたらしつつ見て回った先のサイトで笑った笑った。

シークレットアイテム(一種類)が桂小五郎。

…。

腹黒賢。
腹黒賢。
腹黒賢。


3度もすみません。ついついこの名前が浮かんでしまって。
ダイスキなサイトで見つけた名前なんですが(笑)
確認で飛び、またしても大笑いしてしまいました。
あの回はホント面白かったなぁ。としみじみ。

今回の新選組!が、なんていうかなんだろうって感じだったので、なんだかモヤモヤした気分になってましたが、フィギュア腹黒と寺田屋大騒動のレビューを再度読んでたら晴れました(笑)
観柳斎そのものはホントあきれ返っちゃうけど、そこまでムカつかせたトリビアの人の演技もなかなかのものだったんだなぁ、と(笑)


そうそう。左之助とまさちゃんが良い感じでしたね。
いよいよ夫婦になるのかな。


posted by ruru at 03:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

Back to square one.

昔ほど泣くってこと、なくなってきたかもなぁ、と思ってたのですが、友達に嘘コケ!と言われました。
コケ…。
コケっていう名のニワトリがいたっけ。最強だったな(回想
うーん、嘘コケと言われてもですね。
なくなってきたカモ、ってことなので(笑)
カモって名の筆頭局長がいたっけな…。
ってコケと同列にしちゃいけませんね。


泣いてるときって汗かくっけ?と話してて。
小さい子は泣いてるとき、髪の毛がおでこや顔にぺターって張り付いてるイメージがあって。
あーそういや泣いてる子って、汗かいてるな、と。
まあ、子供はねぇ。身振り手振り動作も大きいから、それも手伝って大汗って運びもあるんじゃないかな。
大人で汗かきながら泣くって…見た事ある?
ないよねぇ…。

でもでも、よく考えてみれば涙が出る瞬間とか少し前って、体が熱くなるよね?
それって、堪えてるから熱くなるんだと思ってたんだけど。
堪えてしばらく息止めたりするから、体が熱くなってくるんだ、と。
怒ってて涙出てくるときは、怒ってるからコーフンしてて頭に血が上ってきて全体的に熱くなって汗出てくるんだろうけど(笑)
映画館で感動して涙出てくるときは、暗闇だけど気づかれないようにやっぱり息止めたりしてるから、苦しくて熱くなってくるような。

という話をしてたら友達に、息止めてばっかいてアンタそのうち死ぬよ?と言われました。
すごい緊張したりすると、無意識に息止めてたりして。
なんか息苦しい、クラクラする、とか思い始めて、あーまた息止めちゃってたーってこと、よくあるからね。
そういうときって傍から見てると、目が黒目だけになってるらしく。
黒目だけって(笑)
すごい表現だけど、言われたときすごいウケタ。
白目より黒目が目立つってことだろうけど。
ふ。実際、黒目だけだったらコワイよね。
ハムちゃんとかワンコとか黒目だけの生き物って、どこ見てるかわかんないでしょ?
ハムちゃんの動きが止まると固まってるみたいで、おーいどーしたんだーだいじょーぶかー息してるかー、と声かけたりしてたんだけど。
まさか自分もそんな風になってるとは思わなかった。
目は見開いてるけど、視点が定まらないという感じ?
定まらないというか、黒目だけだから(笑)
…なんか自分で自分がヘンテコっぽく感じてきた(笑)

でも、人間で危ない状態は白目だけのときだよね。
しかし、黒目だけの人間て。
あー想像するのやめとこ。眠れなくなりそう(笑)


友達曰く。

よくさーこわーい物語に出てくるお化けって、必ず黒目だけなんだよねー。

…。


気を取り直して、オザケンの“愛し愛されて生きるのさ”を口ずさんでみたり。
でも、途中でどうしても銀河鉄道999になってしまうのは私だけ?(笑)

      〜A journey to the stars ?



そうそう、“泣く”という健康法(笑)に関して、興味深いお話が。
詳しく知りたい方は、http://health.nikkei.co.jp/column/3cl/index.cfm?i=20040708h8001h8 ←こちらへ。
posted by ruru at 01:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

Love is what we need.

コートではー誰でーもひとーりひとりきぃりー♪

エースをねらえ!スペシャルがありました。
懐かしさ満載です。
みんな大人っぽくなって。
お蘭、顔変わった?
大人顔になったよねぇ。美形には変わりないけど。
尾崎さんは一見、お!尾崎っぽくなったかな、と思ったりしたけど、テニスプレイがなんていうか…。
相変わらずバナナ食べてるし(笑)やっぱモンチッチなんだよな(笑)
お蝶夫人の笑顔はなぜか泣けてくる(笑)凛とした笑顔が切ないのです。
スペシャル話のその後がまた良いのですが、んー残念!
切腹っ!とか言いつつ、また読みたくなってきました。
というか、もう手元にあったりなんかしちゃって(笑)

なんか。
宗方コーチがすごくカッコよく見えたのは、私だけでしょうか。
回想シーンだけど、今回撮りなおしたんだよね?
前のかなぁ。
奥二重の俳優さんだけど、妙にきれいな二重で、妙に色白で。
頬のあたりにシャドーなんて入っちゃってて(笑)
倒れるシーンがキター!!!久々嬉しい。
人が倒れてこんなに嬉しいなんて(笑)
宗方コーチだから許してね(笑)

ひろみのテニスウエアが、かわいかったね。
スタイルいいんだねー。予想はしてたけど、予想以上で目が釘付けに(オヤジ丸出し


連ドラのときとは違って、今回は終始穏やかに観てられました。
あっさり描いてたし。
今回のツボは、千葉っちの服装でしょうか。
首にグルグル巻きのスカーフ?マフラー?(笑)
プチ中尾彬氏っぽくてウケました。


さてさて。
サイキン夜は秋の気配だねぇ。ノースリじゃ寒い寒い。
旅行中、すごい久々に福山雅治のラジオ番組を聴きました。
車中でしたが、つい聞き入ってしまいました。
前、好きだったんだよねー。福山。特に声がスキで。
それと、サンジって感じが(笑)
お料理が上手かどうかは知らないけど、女好きな感じがね(笑)
見た目クールなんだけど、喋りはエロエロで(笑)←気さくってことね(笑)
健康的なエロさが面白いっていうか(笑)
健康的なエロさって言うのがあるかどうかわかりませんが(笑)
そのくせ、歌うと妙に気取ってるトコも結構スキでした(笑)
番組の中での話題が“女の涙は武器か否か”というもので。
福山さんは、「武器武器武器」と(笑)
まあ、泣かれると弱い、と。女は涙ありき、だと思ってる、と。
で、泣かれた場合どうするか、という話になり。

@何もしない。
A涙を拭いてあげる。
Bそっと抱きしめる。

女性スタッフに、女性代表としてどうして欲しいか参考意見を同時進行で聞いてみたり。

福山…A
女性スタッフ…B

涙を拭いてあげるって…(笑)
どうなんでしょう(笑)
私がそういったシチュエーションを体験したことないから、えー、と思うのかしら。
そういう流れって、ドラマかマンガチックだよ、と。
というか、そんな展開は私にはちょっと耐えられない(笑)
恥ずかしすぎて(笑)
そんなことされた日にゃ、もう二度と泣くまいとココロに誓うかも(笑)
…私の意見はいいとして。


その後どうするか。

@そっと抱きしめたまま。
A抱きしめて背中をそっとトントンと。

Bの内容も、その回答も今思い出せないのですが(健忘
福山さんが、涙がさー服にしみてきちゃってベタベタしてきちゃって、でも離れる頃合がわかんなくてさー。
あれって、どのくらいで離れていいの?
泣いてる方は気になんないの?
みたいな冷静なことを言ってたのを聞いて、笑ってしまいました。
情熱的なのか冷静なのか。
女性スタッフは憮然とした声で、ベタベタしてきても彼女の気のすむまで抱きしめてて良いのです。
みたいなことを言ってましたが(笑)
腕枕も同じだよね。
腕枕したはいいけど、いつほどいていいのかって悩むだろうな、って思ってたから。
優しい人なら、腕痛くなってきたけど、どうしようかなーって思いながら一晩中そのままで朝、肩つっちゃったり(笑)
って、なるんだろうなぁ(笑)
だから私は、良い頃合を私から切り出しちゃったりするんだけど。腕枕ってことじゃなくてもね(笑)
そういうとこ、甘えきれない可愛くないヤツって、思われちゃうんだろうなぁ(笑)

話が脱線してますね。

涙を我慢するかしないか。という質問に、福山さんは「我慢しない。」とキッパリ。
「涙を流すのは体にいいんだよー。結構体力使うしね。だから、泣くときはティッシュと温かいお茶を用意して…云々」と。

あったかいお茶????

「涙が出るから体内に水分少なくなっちゃうでしょ。それと、泣くと体温上がるから汗もかくし。だから補給しないと。」と。

なーるほど。
今まで考えもしなかった。

昔ほど泣くってこと、なくなってきたかもなぁ。
色んなことに慣れてきちゃったんだろうか。
動じなくなってきたのは嬉しいけど、なんだか寂しい気も。

小さい頃って、ひっくひっくしゃくりあげるくらい泣いちゃって気持ち悪くなったりしませんでしたか?
大体がおねえちゃんとケンカして、それを親に叱られて、なんだかこの世の終わりみたいな気分になってきて(笑)
それで大泣きしてたことが多いんだけど(笑)
そんなことを思い出してて立ち寄った鰻屋さんで、思い切り泣きまくってた幼児を見つけ。
一体何が不満なんだか…思いつく限りを想ってみても、つい微笑んでしまって(笑)
泣きたいときに思い切り泣く、っていう時代があるのは良いことだと思います。
親はタイヘンだろうけどね(笑)


あ、そうそう。
サイキンのコマーシャルで、オザケンの曲が流れてますねー。
復帰するのかなぁ。

いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ
それだけがただ僕らを悩める時にも未来の世界へ連れてく♪

上手い下手じゃなくてオザケンの歌声は、小春日和を感じさせるからスキ(笑)


相変わらず、長文な上にまとまらないままですが(笑)
読みに来てくれて、ありがとです。
そんじゃ、またねー。
posted by ruru at 02:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

Continua per questa strada !

ぱぱぱぱーんぱぱぱぱーん♪から始まるぜクシィのCMソング。
この歌、ちゃんとタイトルがあるのね(笑)
その名も“パパパパーンの歌”(笑)そのまんまだ(笑)
このCMに出ていた加藤ローサちゃんが、今秋からマックスファクターの新キャラとして登場するらしい。
かっわいい子だなぁ、って思ってたんだよね。
ゼクシィのCMを観るたび、昔観た映画の中の少年を思い出してしまって。
イタリアの少年でまだ小学生くらいかな。
とにかく声がきれいで天使の歌声とか、天使のソプラノとか、言われてたような。
ん?もしかしたらエレファントマンかも。
エレファントマンにも美声の少年が出てきた記憶があるけど…。
戦場のメリークリスマスかも…。
…と結局なんだったか思い出せないままですが(笑)
ローサちゃんは“天使の笑顔”というキャッチフレーズなんだね。
あら、ナポリ生まれなんだ…。
調べていくとイタリア語会話にも出演してることが判明。
イタリアを連想したのは間違いなかったんだ(長井?

へぇ。
ピノッキオと学んでみようかな(笑)


こんてぃーぬあぺくぅえすたすとらーだ!

さあさあご一緒に!
こんてぃーぬぁぺくえぇすたすとらぁーだ!
http://www.nhk.or.jp/gogaku/italiah/
(イタリア語会話、動画、音声)

perの発音と、速く言うリズムを掴もうとBGMのようにリピートしまくってたら、うるさがられてしまいました(笑)
へ、ヘッドフォンしよ…。


ふと、ペッペッペソーランアレマ女史を思い出してしまった…
posted by ruru at 00:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

Never halloo till you are out of the woods.

スコシデケタ…チョトウレシイ…


             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ────── /     ヽ__/     ヽ
  | ──── /           :::::::::::::::\
  | |       / /      \   :::::::::::::::|
  | |       | (●      (●    ::::::::::::::|
  | |       | ∪      ∪   :::::::::::::|
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/
  |  ───  ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └    / ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\── |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|



日記のデザインをちょこちょこといじってるですが、なかなか思い通りにいかず。
時間によっては重々で途中で飽きちゃったり。
ゆっくりじっくりでいいかな。



さて。
ちょっとした所用で小学校へ行ってきました。
ちょうど清掃の時間だったらしく、校庭から廊下からいたるところにワイワイがやがやとお掃除に励む児童達の姿が。
空気は心地良いけれど陽射しは強かったので、ご苦労さまだなぁ、と思いつつ、集合場所の音楽室へと。
そこにも2〜3年生らしい子供達がいたのですが、「失礼しまっす!」と元気よく(見かけによらず体育会系なもんで)入室したら、一瞬怪訝そうな目で見られてしまいました。
サイキンは不審者が多いから…ねぇ?…。
ピアノの前で座って見ていたら、私の前に集まった子供達はお掃除終了会を始め。

班長「お掃除終了会を始めます!(チラリと私を見る。私もつられてウンウンと頷く。」
班長「反省点はありますか?」

反省点?(笑)
なんか顔がほころんできてしまい…。
でも当人達は大真面目なんで、危ういトコで平静を保ちつつ…
…(・∀・)ニヤニヤ…

女子「○○さんがふざけててちゃんと掃除しなかったです!」
○○くん「えーオレ窓拭いたじゃんかー。」
班長「…他にありますか?」

…話題変えるの早いな(笑)

班長「じゃあこれで終了会を終ります!(チラリと私を見る。私もつられて立ち上がる。」
班長「お疲れさまでしたっ!」

はい。お疲れさまでしたー。と声をかけたら、口々に「お疲れさまでしたー」と(笑)
私まで労いの言葉をかけてもらっちゃいました。ラッキー(笑)

手持ち無沙汰にピアノの周りをウロウロしてたら、背後から声が…。

「誰もいない…。あ、先生がひとり…」

…先生?あ、あたしのことかしら?(笑)
振り向いてみると2年生くらいの子がふたり。

先生?!(ふふふ

私「どーしたのー?(にっこり」

2年生「窓は閉めなくてもいいですか?」
私「私がまだ居ますので、いいですよー。」
2年生「はい。じゃあ失礼しまーす。」
私「はい。さようならー。」

…ふふふふふふふふふふふ(怪
先生になってしまったぜー(嬉
と、ニヤニヤしていたらまたしても突然背後から、

「ひとりでニヤけてて不気味すぎ!」

と、いつの間にか居た友人の声に大オドロキ。
いつから居たんだよー(恥



子供のいる環境はキモチが和む。
これが日常だと、また違ってきたりするんだろうけど(笑)
幼稚園や学校の先生をしてる友人達は、かわいいけど手に負えないときもある…って悩んでたりするしね。
教育するってむずかしいんだろうな。

廊下や階段をぞうきんで拭いてる生徒達は、ホント一生懸命やってたなぁ。
掃除をきちんとするしない、ということからも性格が見えてきたりするらしんだよね。
先生って、色んな方向から見つめてるんだなぁ。ひとりひとりの児童を。

廊下でちょっぴり涙ぐんでる生徒を見かけました。どうしたんだろう…と気になってしまって。
ひとりでトイレに入っていったから、トイレでキモチを持ち上げようとしたのかなぁ。

小さな華奢な肩に大きなランドセルを背負って登校していく小学生達を通勤時に見かけると、重いランドセルの中には色んな想いも詰まっているんだろうなぁ、と以前誰かが言ってたのを思い出します。
小さな事件でも小さなココロには、とてつもなく大きな問題だったりすることもあるんだろうな。
甥っ子でも、一年に一回くらいだけど、学校行きたくなーい。ともらすことあるし。

ちびっこ達もなんだかんだとがんばってるんだと思うと、あたしもがんばんなきゃなーと。
頑張りすぎは良くないけどね(笑)
なんていうか緊張と弛緩を、こー良い感じに。
緊張を高めるときは一気に、ダラーンとするときは思い切りダラーンと(笑)
極端になりすぎも良くないですけど(笑)なりがちですが(笑)
メリハリつけて行こう。油断せずに行こう(手塚


追記:東京火山灰って…。
posted by ruru at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

LOVE & PEACE !

雨が降ってきたので明日結婚します。

と記してホントにご結婚された方がいます(笑)
唐突で粋でカッコイイな、と思いました。


先日、駅で近所のおじさんに遭遇し隣席でおしゃべりしながら仕事先へと。
一人暮らしをしきりに勧められました。
親元での生活の便利さを知ってるからできないし、今更感が満載です…と応えたら、話は何故か水道代やトイレットペーパー代へと移り。


おじさん「ねぇねぇ。今さ、トイレットペーパーいくらだか知ってる?」
私「…?」
おじさん「一ヶ月のガス代とか水道代ってわかる?」
私「…。」
おじさん「生活費がどのくらい必要だか見当つく?」
私「…」

こんな話を以前にもしたような…。
なんか頭を上から押さえつけられてるような気分になり(笑)

そういった経済的なことは、旦那様に任せるからいいや…ってことじゃダメですかね。
食費だけ管理するってことじゃ。
その中でやりくりするってことなら、できると思うんだけどなぁ(笑)
野菜の皮まで使いますから私(笑)

と、話したら降りる駅まで(同じ駅だけど)色々レクチャーしていただきました(笑)
出来ることは事前に学んでおこうかな、と思わせるおじさんの喋りは流石営業部長だ(笑)


そういえば、トイレットペーパーもダブル派とシングル派があるらしいね。
それでモメたりするんだろうか(笑)
うちはずっとダブルだけど、もし、シングルにしようよ、って言われたら、とりあえず試してみようか(笑)
譲歩(大げさ)できれば、そうしてみよう。とりあえず。
そういう生活習慣の微々たるズレからケンカって始まるわけだしねぇ。
我慢すれば、いつかきっと爆発しちゃうんだろうけど。お互いに。
でも、我慢できることならどうにかなるだろうし。
トイレットペーパーがシングルかダブルかで?って笑ってられるのは今のうちかもしれない(笑)

共通項があればあるだけ過ごしやすいんだろうけど、実際は結構違うことが多かったり。
で、合わせてみよう、とか思うと、お互いそうしてしまって逆転チグハグに(笑)
そんなことが面白くて嬉しい今日この頃です(笑)


ダイスキな先輩が体調を崩して暫く休職することになり、寂しい限りです。
半年くらいなんだけどね。
半年って結構長いよね。

早く帰ってきてください!と言いたいのを我慢して、時間できたら連絡くださーい。と伝えたら、ん。待っててねぇ、と。
…3日も経たないうちに連絡がきました(・ω・)ノ イェイ!
先輩がよく口ずさんでいた歌詞が乗り移ってしまいました。

笑顔咲ク〜♪
posted by ruru at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

LAISSE PASSE !

“たら様のハンバッカかえせっ!!!”って、どういう意味?と聞かれました。

“たら”様じゃなくて“とら”様!と血管浮き出るくらいの勢いで言ってみても、怪しさはあんまり変わらないですね。

とら様が食べたがっていたハンバーガーをかがりという女性が買ったのですが、そのハンバーガーをある悪者が奪ってしまったんですね。奪ったというか、たまたま取れちゃったというか。
せっかく食べられると喜んでいたとら様の意気消沈ぶりを見て、かがりが電光石火の勢いでハンバーガーを取り返しに走る…というか、飛ぶ・・蹴る…というか。
そのときに叫ぶセリフが、「とら様のハンバッカかえせっ!」なのです。
とらも自分で行こうと思えば行けたんだけど、かがりの方が一歩速かった。
気持ち的にも行動的にも。
このセリフには、愛情がイッパイ詰まってるように思うのです。

このセリフで泣いた人は、世界中で私ひとりだと友達に言われたけど他にもいると思うんだけどな。
泣く場所違うよ!と言われることにも慣れてきた今日この頃です(笑)

あ、これマンガの話ね(笑)
現実と間違う人はいないだろうけど。
うしおととら、というマンガです。




この世の二大暴君とは一体なんぞや。
話題急変ですが(笑)
人類史哲学理論としてドイツ批評家ヘルダーは、「偶然」と「時間」を挙げています。
曰く、このふたつ、人を苦しめるのは同じでも手のくだし方は違う、と。
不意の一撃で殴り倒すのは「偶然」、いつ終るともしれぬ“待つ”という行為を通して慢性疾患のように人をさいなむのが「時間」だ、と。
だとすると、二大暴君のダブルアッパーカットはキツイだろうなぁ。
瀕死の重態になっちゃうかも。
でも、不意打ちのラッキーで救われたことは何度もあるし、待つ行為を通して自然治癒してきたことも多いしなぁ。
物は考えようです。

なんだか前にも増してお気楽者になってきました。どうしましょ。
ぬるま湯につかりすぎて脳が溶けてきたのかしら(笑)
サイキン一日が過ぎるのが速いです。
ちょっと待って!ちょっと待ってーで一日が終る感じが(笑)
秋が深まれば、もっと短く感じるんだろうなぁ。


ドーナツを買ったらケータイストラップが当たりました!
ラッキー千石(誰


            pon


たら、って言ったらアレですよね。ハーイ!チャーン!バブー!(笑)
タランティーノって言う人も多いかな。
posted by ruru at 00:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

Have a field day !

秋冬に向けて、旅行計画を立ててみました。
小さいのと大きいのと。
計画立てるの好きですねー。
友達の行きたいトコとかも考慮したり、行きたいトコを交互順番コにしたり。
友達の案で、それまで興味なかった場所や考えもしなかったところに行って新発見ってあるしね。

夏の疲れが出始めたので、私は温泉があればどこでも良いのですぐわ(笑)
でも、温泉でひとつトラウマが(笑)

湯あたりしてしまって休憩した後、友人達と時間差でエレベータに乗ったときのこと。
全然知らない同世代くらいのグループが途中から乗ってきて、暫くして私を指差し唐突に言い放ったのです。

「キミ!ミスりんごちゃんに決定!!」

へ?とオロオロしてたら、

「ほっぺがほんのりまっかっかー♪」

と、ヤンヤヤンヤワイのワイのと。

湯あたりで気持ち悪いのと、見知らぬ人に言われたのとで、私らしくなく(笑)ボーとしてしまったら(ボーはいつもですけどw)、その中のひとりが「その辺でやめとけよ…」と。
そうだよやめとけよ…吐いちゃうよ?とか思いつつ(笑)
宴会場の階にエレベータが止まってドアが開いたら、友達が待っててくれてホッと(笑)

このとき以来、温泉帰りはひとりで行動しない方がいい、と。
コワイというより、傷ついた(笑)

というか、ほんのりまっかっかーって(笑)日本語変ですよ?(笑)
今思うと物凄くウケルんですけど(笑)
あの時は、気持ち悪くて立ってるのがやっとくらいだったからね(笑)
脳震盪に近い湯あたりは、この世の終わりみたいな気持ち悪さがあるんだよね。
あ、あと二日酔いにも近い(笑)

湯上りに顔が白い人っているのかなぁ。
どんなに皮膚が厚い人でも、ほんのり桃色になるよね?
私の場合、赤→白→青白になったら大変。
貧血秒読み(笑)
温泉好きなのに、それを存分に楽しめない体質って、哀しいですね…。


むかーし、サークルでの合同合宿のときに歯磨きしてたら、同じような絡まれ方をしたことがあります。
泣きそうになりながら、逃げ回った記憶が(笑)
なぜ逃げるかって?
ペッて出来ないじゃん!口漱げないじゃん!(笑)
若かったんですねー(笑)
友達が対抗してくれてる間に、ペッしてブクブクペーを済ませ事なきを得ましたが(オーゲサ


なんか妙にバカっぽい絡まれ方をされた時期があったんですね。
私がバカっぽかったんでしょうか(笑)
今考えても謎です。
しゃべらなきゃ知的に見えるって評判なんですけどねぇ(笑)
しゃべったら馬鹿ですよ、ええ(笑)
それは否定しません。出来ません。しちゃいけません(笑)



そうそう。
札幌の街を歩いていたら、ニケのモニュメント?らしきものを発見しました。

nike

かなりデフォルメされていて、うーむ。と唸ってしまいました。
どちらかというと、忠実に再現されたものの方が好みなので。
ん。抽象的なセンスがないだけかもしれません(笑)
ちょうどギリシア神話を読んでいた時期と重なったので、ビックリ嬉しかったです。
札幌のデパ地下で買出しをしてたら、友達がリカー売り場で店員さんにつかまってました。
アルコールダイスキな友達なのですが、何も買わずに戻ってきたのでどうしたのかと思ったら…。

「奥さんお酒強いねぇ。」

と言われたのにご立腹のご様子で(笑)
奥さんて思われても普通の年齢なんだけどね、やっぱりショックだったりするもんだよね。
でも、その友達は以前(20歳頃)にもそういった声のかけられ方をよくされてて(笑)
なぜかいつもリカー売り場なんだけど(笑)
一緒に居た私はアルコール試飲程度で酔っ払ってしまうので、ヘラヘラしてたら、

「おかあさんは強いのに、お嬢さんは弱いんだねぇ」

と。
その一言ですっかり酔いが醒めちゃいました。
20歳で20歳の子供って(笑)
有り得なーい。
その後の彼女の荒れようと言ったら、それはもう(嵐

年頃(色んな意味で)の人に声をかけるときは、よーく考えないといけませんね。
薬指を含め、ジャラジャラとマダムばりな指輪をつけてたからじゃないかなぁ…ということで一件落着(笑)
私だって、お惣菜のところでうっとりとお料理を見てたら、「どれも美味しいですよー。おひとついかがですか若奥さん!!」と声をかけられました。
“若”がつくとちょっと嬉しい?(笑)
ひとりで照れてしまいました(バカ

posted by ruru at 01:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

Bite the dust.

ぎょーえー

昨晩、何かやることがあってパソコンを立ち上げたのですが、すっかり忘れて呑気に日記など書いて寝たのですが…


ぐーえー


ああスミマセン。何度も奇声を発してしまい。
発せずにはいられない。


ショックの元はコレ
うううん。注文できなかった…。
これ美味しいです。何度も食べてます。
予約限定販売なのがまた魅力的?(笑)

そんなこんなで見入っては勝負を決めたり(笑)
次回、狙っているのは(商品ラインナップはこちらw)パリブレスト、ブリー・ド・ナンシー。
モンブランのモンブランは美味ですよー。
そんなに甘くなくて、あんまりあとを引かない(笑)
あまりほめてない?(笑)
いやいや、甘くなくてあとを引かないけど美味しい。
最上級のほめ言葉です(笑)

そろそろ味覚の秋ですねー。
温泉を兼ねて美味しいものを食べに行きたいです。
すぐ貧血起こして倒れるけど(困

さて。
今日はこれから、ニンニン♪ハットリくん(ほっぺにくるくる)を観てきまっす!

元気はつらつー!?オフコース!ヨン様もしっかり「オフ」って言ってるね(笑)

いってけまーす。
posted by ruru at 11:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Once in a blue moon!

カッサンドラの孫の孫が出てきたっ!と甥っ子がなにやら騒いでいました(笑)
昨日購入したハリポタ上下巻を、今日も帰宅後夕食もそこそこに読みふけり読破した模様。
速い。速すぎる。

カッサンドラはギリシア神話に出てきますね。
なぜ甥っ子が知ってるのか謎ですが、妙にカッサンドラがお気に入りのご様子。
一体何故。

「世界一有能で世界一孤独な予言者」というフレーズが気に入ったらしいですが(笑)
私はカッサンドラという名前の響きに、つい笑ってしまいます。
まい泉ヒレカツサンドを手に喜んでる子供みたいでしょ。
「わーいカツサンドらー(ハナタレ」

さて、なぜ彼女は世界一有能で世界一孤独だったのか。
それはまた今度(笑)


つい先程まで隣の甥っ子の部屋から、「ひでぇひどすぎる!」「さいこー」「ぅわー」という声が聞こえてきてました。
読書しながら独り言をいう子なんですね(笑)
今回は何回読むのかなぁ(笑)


ギリシア神話を同時期に読んでたとは、知らなかった。
甥っ子はマンガみたいですけど(笑)
今度借りてみよう。
posted by ruru at 03:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

Dear John... ?

長続きの秘訣は、お互いに期待し合わないこと。

これは、結婚7年目突入のご夫婦のお言葉です。


この言葉はホントよっく耳にするよねぇ。
期待…ねぇ。
どういう期待なんだろ。
自分を喜ばせてくれる、とかいった自分に向けての期待、ってことなんだろうか。
その人自身の成長や成功への期待、だろうか。
全部含めた期待なんだろうかー。

どちらかと言えば、意識して期待することはあまりない私ですが(冷めてる?w)、普通の流れで「アラヤダ」みたいになったとき、期待してたことに気づくことも多々あったり(笑)
だからと言って、それを責めたりするわけでもないけど、そういうことが続けば情熱は冷めるだろうね(笑)

ということは。
結婚相手が期待はずれなことばかりすると、やはり愛情は冷めていって続かなくなる、ということか!
だから変に期待するのはヤメとこ。ってことか!


うーん。


とりあえず結婚というものに、まだ夢を持っている私なので(笑)よくわからんですね。
体験してみなきゃ、わからんもんね。
結婚に限らず、恋人との関係もそうだろうしねぇ。
ホントありきたりなことだけど、“価値観”は近い方がいいんだろうなぁ。
何を大切にしてるかが同じだと、通い合うものは多いだろうし。
どんなことに傷つきやすいかが共通してると、哀しむことも少ないだろうから。

という風に思うのは、私自身が自分と逆なタイプに魅かれやすかったことから得た教訓(笑)

なんて言い方すると、被害者っぽい?(笑)
そんなことはないです。恋愛もケンカも両成敗だと(笑)
勝ち負けじゃないけどね(笑)

きっと、自分が楽しかった分だけ相手も楽しくて、哀しかった分だけ相手も悲しかったことがあったんだろうと思うし。


期待し合わないって、すごい課題だよなぁ(笑)

以前、友人の結婚式のとき二次会で質疑応答タイム(笑)があって、

「今後ご主人に何を期待しますか?」

なんていう質問があったんだけど…(笑)
花嫁さんの答えは…

「これからの毎日を彼がどれだけ私を驚かせてくれるか…。それが楽しみです。」

と。
単純な私は、ステキステキ!どんなことをどーやって驚かせてくれるか楽しみだろうなぁ、とウルウルしながら聞いてたんですが、隣席の友人が、

「シアワセな驚きばかりじゃないだろうね(怪」

と一言。

不吉だよ!

その後真顔で、「んな毎日毎日奥さんのことばっか考えてるような男はあたしゃイヤだわさ。」みたいなことを言ってましたが…(笑)
好みはイロイロだよねぇ。
その花嫁さんはどっぷり期待しちゃってたわけですが、あれから何年経ったんだろう。
3年くらいかな。
今は普通にシアワセそうですね。
でも、やはり、期待し合わないこと、に近いことを言ってましたねぇ何気に。



私が一番気をつけなきゃいけないことは、喜んでくれることを期待してしまう、といった点ですかね(笑)
ムリに喜んで見せてくれても見抜いちゃうし(笑)
で、落ち込むし(笑)
扱いづらいよねぇホント。
でも、まあ立ち直りが早いんで(笑)、それでも良いそれが良い、と、願わくば笑って流してくれる人がいたら最高の相性だと思うんだよね。

と、熱く語ったら、

「すげー簡単な期待じゃん?」

と言われました(笑)
けれど、それは無理強いして得るものじゃないんで、自然にそういった関係を築ける人に出会うまで待つか、自分でどーにかしてかなきゃいけないんだろうね(笑)

と言っても(笑)
喜んでもらいたい一心でばかり行動してるわけじゃなく。
自分のやりたい事をやってる、というのが本心だったりするんじゃないかな、と自己分析。
だから、ホント哀しかったこと以外は自己満足で終らせられるとこもあり(笑)


それでも私は期待し続けると思う(笑)
相手がそれを負担に思うようなら、こっそりと。
励みに思う人なら、堂々と(笑)
で、自分でちゃんとルールを守ろうと思うよ。
期待はずれでもそれを顔に出さない。って。
期待通りなら、顔に出しまくるだろうけどねー(笑)
コレといったポリシーを持たないことがポリシー(笑)の私が唯一基本としてることは、嬉しいことはストレートに、怒りや悲しみは一呼吸置いてから、ということ。
一呼吸置いても納得できないことは、静かに主張してみる、と(笑)
実践できてるか否かは不明ですが(笑)
何歳になっても物思う葦ですね(笑)


「夕方になったら奥さんと一緒に買い物行って、帰ってきて一緒に料理して…。それだけで結構シアワセかな。」
と言って笑った先輩がとても可愛く見えました(笑)
未婚者ですけどね(笑)


と、サイキンそんな話題が多かったので書いてみましたが、なんだかんだと時間が押して焦りつつで(笑)
意味不明な長文になってたらスミマセン(笑)





ハピバースデー♪>永遠の12歳児w

           永遠のセブンチーンより(・∀・)






posted by ruru at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

Chocolatier ?!

遠い遠い昔…フランス南西部がまだカタルーニャだった頃、ピレネー山脈と地中海が出会う土地に、シュクレーヌという小さな王国がありました。
そこには、この国でしか作れない珍しくておいしいお菓子がたくさんありました。
お菓子は国民を幸福にし、そのお菓子を食べに周りの国からも人々が訪れ、シュクレーヌはお菓子の王国として繁栄していました。
ところが、ある事件をきっかけに、シュクレーヌは地上から消滅し、異次元の空間にだけ存在する幻の王国となってしまったのです。


       (;・∀・)イ・イジゲン…?


その幻のお菓子王国シュクレーヌの首都(ショコラティエ)が、予言の書に書かれていた通り、北海道・札幌についによみがえりました。


…。


その幻のお菓子王国で祝宴のケーキを作っている宮廷菓子調理室、直営ケーキショップのクッキーです。
mabo

美味しいです。
北海道たっぷりバタークッキー・カマンベールチーズクッキー・ココアとヘーゼルナッツクッキーの三種詰め合わせなんですけど、全部美味。
ああ美味しい。シアワセだなぁ…とホクホクしながら、何気に箱を見ていたら、幻云々の話を見つけ(笑)
これは、空想のお話?
ホントのお話?
ある事件て何?

むーん。
謎だ。

ちょっと調べてしまって、こんな時間になってしまいました(笑)

シュクレーヌといえば、グラニュー糖を細かく砕いたお砂糖の名前…だったはず、と確認したサイト(ガリバーワールドてww)でまたしても延々と見入ってしまいました(笑)
前世がパティシエなもんで(職人気質アーンド思い込み
繊細なお菓子を作ったり食べたりするのも好きだけど、ラッピングもまた楽しい。

結局、ホントの話なのかなんなのかわからず終いですが(笑)
異次元て(笑)


さてさて。
新選組!ですが(笑)
サイキンこればっかですけど(笑)
昨日のは、面白かった。
サイショに山南さんが出てきたときは、一瞬、その前観たのは幻だったんだろうかと自分を疑ったりしたのですが、あまりの若さに笑いつつ回想シーンだと察し、それが平助のものだと知り、また涙(笑)
平助、大人っぽくなったなぁ、と感心してたら(笑)
落ち着いて落ち着いて・・・と画面に向かって声かけたくなるくらいの慌てブリが可愛かったです。
泣かせて笑わせて唸らせてくれた寺田屋大騒動でした。
「みんなそれなりにありがとー」
と言い放った近藤が慎吾ちゃんと化し(笑)
三谷さんの女性像は共通したものがありますね。
理想像なのかな。
おつねさんも深雪太夫も、ステキでした。
凛としたステキさでした。
ステキな女性はステキな男性に集うものですね。
ステキステキうるさいですね(自分

ここで封印していた(笑)新選組!HPへ(笑)
特集・山南敬助との別れなどというのが組まれていました。
堪えきれず読んでしまいました。
明日(今日か)は目が腫れていることでしょう。
蒸しタオルの準備を(笑)



posted by ruru at 02:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

Meet your delight.

ヴァン・ヘルシングがクソ面白そうですね(笑)
スチーム・ボーイの前CFで、すっかり釘付けになってしまいましたが、スチームボーイはどうだったのかと聞かれたら…。
んーサッパリした良い作品だと思います(完結

エンディングの途中で次々と席を立つ人がいたのですが、最後の最後で「うほっ!」というのがあるんですよねー。
スチームボーイもしかり。
スカーレット赤毛も似合うねー。
この映画は、アッサリしててどこだかの新生姜みたいな感じで、私としてはマルです。
スカーレットという女の子が出てくるのですが。
わがままさ、と、素直さ。
斬新さ、と、純粋さ。
相反するようなものを持ち合わせている女の子で、鼻持ちならない印象を振りまきつつ魅力的で(笑)
あんな風に“好きなものは誰がなんと言おうと好き”みたく突き進んでいけるのは、見ていて気持ち良いですね。
鼻持ちならないのに、わがままだなーと思うのに、許せてしまうのは、その女の子に裏がないから(笑)
媚まくりの人より遙かにダイスキです(笑)
迫力あるドーンという感動はないけど(笑)、きっとまた観たいなぁ、いつかと思うと思う(笑)
ジワリジワリと来る深みにハマったらさあタイヘン。
そんな映画でした。

さて。
目まぐるしく色んなことが起きてしまい、すっかりご無沙汰してしまいました。
山南さんには泣かされるし(無関係
なんたらホールでゲリラライヴ開催決定するし(カラオケ
カラオケでは最高得点が89点しかいかないし(8h

北海道では台風に追いかけられるし(逃

というわけで日記の書き方すら忘れてしまいました(呆


新選組!の録画を先ほど観たわけですが。
「あの笑顔にもう会えない…」のCM(NHKでCMが流れてたから驚いたのなんの)で、すでに号泣な私って、はっきり言って馬鹿者ですね(笑)

まぁですね。

満腹です。

泣き笑いで疲れました(笑)
山南さんを発見してしまったときの総司の微妙な顔・・・
・・・もうボロボロな私。
近藤勇を始め、何人の隊士が障子を開けたことか。
すぐさま閉じる山南さん。
あああああああ…。開閉開閉開閉…。
その度、笑ったり泣いたり。
源さんはテイクアウト用のおにぎりまで作ってくれちゃったり(笑泣)

山南さんはトシと同じくらい強情ぱりなわけで(笑)
おサルさんみたいな顔してオイオイ泣いてたトシの顔を見て(ティッシュ一箱消滅




明里との会話では、

「どうして困らせてばかりいるんだー(吠」

と、山南さん吠えすぎ(笑)
唐突に吠えるから、テレビの前で心臓止まりそうになりました。
明里との会話では(仕切りなおし)、男と女の違いが明確に伝わってきて笑いました。
おだんごの食べ方といい、菜の花、といい。
全然違う話なんだけど、知り合いの男の人が、
「“ゼッタイ”なんてことは絶対有り得ないんだよ?」と、のたまったことがあり(笑)
ホント全然関係ないんだけど、ふと、思い出したり。
壬生義士伝の中での隊士のセリフで、「武士ほど、本音建前の世界はない」といったものがあるのですけど、トシを見てるとホントだなぁ、と納得しました。
でも、本音は哀しいけど表面笑ってみせる・・・そういったものは、切ないけど、ステキです。
本音は腐りきってるけど表面普通に見せてる人は、コワイけど。

明里は、イイ女だなぁ(惚

象山先生がお亡くなりになったときも、同じように思ったんだけど。
冷静に世間を見つめる眼を持った山南さんがあのまま生きていたら、どうだったんだろうか、と。
もう少し見ていたかったなぁ、と。

甲子太郎の詠んだ歌も的を射ていて、泣きそうになりつつも、近藤と同じくムカついたり(笑)


はぁぁぁぁぁぁ

あの笑顔には、もう会えないんだね。




むちゅう(夢中)なときは、夢の中?
そこに居るのはシアワセなんでしょうか。
夢から覚めた人はどんな想いでいるのでしょうか。
そして、そこからどこへ向かうのでしょうか。


posted by ruru at 18:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月18日

Brainstorm...

柔ちゃん、おめでとうございます。
足の不調もモノともせず。試合前のコメントなんかで、「これまでの貯金もありますし、大丈夫だと思います。」と語ってた通り、金を獲得しましたねー。スゴイスゴイ。

観戦し始めちゃうと延々と見入ってしまうので、なるべく観ないようにしてるのですが(寝不足になっちゃうから)、進行役が修造さんだと、もうダメ(笑)覚悟決めて、サッサとお風呂済ませてテレビの前に正座(笑)
というか、修造さんジャケット派手です(笑)
でも、キレイな色合いばかりでイイです。修造さんだから許せます。
ちなみに今日は若草色でした(笑)
修造さんの解説は結構好きなんですが、熱く語り過ぎてしまわないか・・・とちょっと心配だったりなんかして(余計なお世話三昧
今日も柔ちゃんとの会話で、イノシシの話なんてしてましたが(笑)
いやー話す前にちゃんと相手のことを調べてる姿勢には、脱帽です。でも・・・イノシシって・・・。
イイ話だけどね。うん。筋も通ってるし。
でも、ウケちゃいました。

新選組!しか観てないと記したのですが、たまーに「愛情イッポン!」を観てます。週末の微妙な時間帯なので、観れないことの方が多いけど、面白いですね。
スポーツマンシップって、こういうもんだよね。と安心して観てられます。
モチロン、主役のあややを始め道場のちびっ子達も発展途上だから、サイショからサワヤカで逞しい心意気なわけじゃない。
ひとつ体験して、ひとつ成長して・・・という。
それがまた泣かせるという(笑)
中村雅俊さんの口癖の「まだまだ!」もグッと来ます(笑)
そういえば、このドラマに、ぐっさんが出てますねー。
戸田恵子さんも。
新選組!が早く観たくなる(笑)
早く観たいけど、そうすると終わりも近づくことになるから、変な葛藤が(笑)
私が葛藤しても仕方ないんだけどね(笑)


修造さんのコメントは、勝ち進んでる選手にはさらに突き進んでいけるように、負けてしまっている選手達には打開策を、と一生懸命メッセージを送っているように見えます。
内容を迅速に正確に伝えるという点では・・・どうなんだろう。その辺はわかりません(笑)

柔ちゃんがお正月に出会ったという“イノシシ”の話ですが(笑)
柔ちゃんはイノシシの目を見て「これだ!」と思った、と。
野性の目だ!と・・・。
うーん。練習を積み重ねて実戦に挑むときは、猪突猛進な勢いで!という意味なんでしょうか。

格闘技の試合は、遠目で観てると性別がはっきりわからなくてアップになって、ぎゃー。と。
それが妙にウケタのか、甥っ子が夜更かししてて大騒ぎでタイヘンです。
甥っ子といえば、サイキン何かのゲームの裏技をネットで調べたらしく、嬉々として数時間プレイしたらしいのですが。
バグった・・・(泣)と(笑)
これを4回ほど繰り返したらしいのですが、未だ裏技ゲットできず。
なーんか違うことしてんじゃないのかなー。

そのくらい、お勉強の方もねぇ?頑張れば、ねぇ?(笑)


あ、そうそう。
アルバイトくん、出勤してますね。
うん。良い調子です。
髪の毛の色が、ほんのり茶髪に変わったような気がします(笑)
posted by ruru at 02:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

Idle hands are the devil's workshop ?

パンドラといい旧約聖書のアダムとイブのイブといい・・・。
人類最初の“女”が、神様のお言いつけを守らなかったせいで、人類に苦労が与えられることになるとは・・・。
女って悪なのね(笑)

パンドラの匣って、壺だったという説もあるらしいよね。
壺って言うと、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン(古)を思い出してしまうけど(笑)

パンドラが壺を開けてしまったのは、「退屈」のせい。
つまり、女の人を退屈させちゃいけないってことですね(笑)
そうすれば、恐ろしい展開にならないってことでしょうか(笑)
確かに退屈が罪つくりなトコもあるのは否めないけど、それだけじゃないんじゃないかなぁ。

パンドラの壺の中身は、苦しみを誘う様々な感情。
だけど、最後に残っていたのはそれとは違う種類のもの。
悪いものに押しやられて、つい忘れがちになってしまうもの。
苦しみの中から道を見つける支えとなるもの。
その存在に気づいた者のみが救われるという。
そこに注目したいものです。
女は苦しみを与えるものかもしれないけど、それだけじゃない(当たり前w
人の役割というものが、もしあるのだとしたら、そういった存在でいたいな。
上がったり下がったりしやすい私には、かなーりムリっぽいけど(笑)



アテネをミテネ♪をきっかけに(アテナ繋がり)、ギリシア神話を読み返してみました。
神々は天から人間を見ている・・・。
地上で洪水や氾濫が起きるというのは、人間に対して神々がこれ以上の悪事はもう我慢ならん。と判断したときなのでしょうか。
汚れは洗い浄めてしまわねば・・・という(怖


それにしても、“神々の系譜”を見ていて、ガイアといいゼウスといい、スゴイなぁ、と。
何がスゴイかって(笑)
勢力拡大のためとは言え、使命感なのか病気なのか(笑)
・・・子だくさんですね(笑)
そういうことで感心してる場合じゃないのですけど(笑)
ニケについて知りたかったのだけれど、まだそこまで辿り着いてない(笑)
プロメテウスとエピメテウス兄弟が面白くて。
プロメテウスは“あらかじめ考えている者”、エピメテウスは“あとから考える者”。
果物ひとつでも、プロメテウスは手触りを確かめ色艶を見て食べられるかどうか考えて、エピメテウスは「食べてみりゃ分かることだ」と。
その後エピメテウスはプロメテウスの忠告に対しても、その性質を存分に発揮し(笑)、パンドラに痛い目に合わされることになり。
プロメテウスは、人間を創造し人間と寄り添うように生きようとして張りつけの刑にされるんだけど。
んーどっちもどっち?(笑)
という感想を持つのは、私自身が両面を持ち合わせているからなんだろうか(笑)

ティタン族とかキュクロプス、ヘカトンケイルとか・・・。
あるゲームを思い出しました(笑)
今度久しぶりに狩りに行ってみよう・・・でも、キュクロプスの生まれたときの様子を知ってしまったから、気軽に狩れないな(笑)


神様も人間と同じような生き様をしているんだなぁ。
違うのは、不死ということだけなんだね。
神様の存在を信じた上での話だけど。


ウラノスやゼウスが嘆くように、この世で一番不可思議で不可解で恐ろしいのは“女”なのかもしれません(笑)
でも、結婚の神のヘラは、“男”って・・・と嘆いてて(笑)
これも、どっちもどっちなんでしょうか(笑)

ガイア(大地)をホンキで怒らせたら、取り返しのつかないことになってしまうかも。
でも、ガイアは寛容な神のようだから大丈夫かな(甘?


今日の新選組!は、なんていうか。
山南さんの険しい表情が穏やかになってゆけばゆくだけ、切なくなってしまった、というか。
ああ、諦めてしまったのかなぁ、と。悟ってしまったのかなぁ、と。
前の放送分で、土方が法度に背いた隊員を切腹に追いやったときに、「アイツを殺したのは俺とアンタだ。」と山南さんに言ったシーンがあったのですが。
単純な私は、そりゃないでしょーが!とプンプンだったんですけど(笑)
その言葉の裏には、「なんだかんだあっても、ここまで一緒にやってきたんだ。いわば同志じゃないか。」というメッセージが隠されていたんだ、という話を知り。
今日の放送の中でも、甲子太郎との会話にも土方のそういった気持ちが見え隠れし。
さらに、総司との会話では、「意外と山南さんの事、かってるんじゃーん(こんな言い方はしてないけど、そんな風に聞こえるのは何故)」とからかうように言った総司に、「悪いか」と照れつつも否定せずに答えた土方をカワイイと思いつつも、ああああああバカだなぁ・・・と思ってしまったり。
山南さんも山南さんで、他人事の感情の行き違いには敏感で前向きに善処しようと努めるのに、自分のことだと一歩引いてしまうトコがあるように思えて、あああああああああバカだなぁ・・・と(笑)
土方は強引(強情)さ故に、山南さんは情に流され易いが故に、素直な気持ちが伝わりにくい相性だったんだろうか、と。
今週は、愛しさと切なさと空恐ろしさが満載でした。色んな意味で。


サイキン書きたいことが山ほどあって長文です(笑)
もっとコンパクトにまとめられるようになりたいです(笑)

最後に(笑)

食事に入ったファミレスで後ろの席から唐突に歌声が・・・。

オーレーオレーマツケンサンバー♪

振り向いたら、私の頭上で歌っていたらしく「こんちわ〜♪」状態になってしまいました。
幼稚園児くらいのカワイイ女の子でした。
留まる事を知らない流し目の魅力に乾杯。
・・・そろそろ夢に出てきそうだ・・・基本は2ステップ!



posted by ruru at 01:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月14日

Kewpish Love

「いつまでもガキみてえな仕事してんじゃねえよっ!!!」


ドアを開けた途端、耳に飛び込んできた荒々しい言葉。
・・・。

(;・∀・)ド、ドチタノ・・・

サイキン社内が波乱気味です。
社内といっても、私の勤務してる場所は常時5〜6名(寂
会社自体、ビル自体は大きいのですが、組織ごとに部屋が区切られていて、特に私のトコは隔離(笑)されたような場所にあり。
そのくせ人の出入りは、激しいんですけど(笑)
訪れる人は、書類作成依頼者か、あるいは寛ぎにくる人とか(笑)
いぶしボスを始めイロイロ。


冒頭のセリフを吐いたのは、後輩くん(熱血の方)。
吐かれたのは、アルバイトくん。
ほんのり茶髪と激しい茶髪の言い合いは、傍から見てるとIWGP級(懐
格闘技じゃないです。KINGの方です(笑)
いやー、男同士のケンカ(?)って、迫力ありますねー。
部屋はふたつに分かれていて、PCやデスクのある部屋の奥にガラス張りの打ち合わせ室があり。
そこで寛いでいた(笑)先輩が、飛び出してきて一件落着。

「やったことないからできない。指示がなきゃなんもやんない。やったらやりっぱ。これじゃダメだよね。何しろ報告は細かくマメにして悪いことはない。これ、基本よ。」

みたいなことをアルバイトくんに、穏やかに諭してました。
伝わったかどうかは、今後の行動でわかるけど。
というか、来週来るだろうか・・・。
熱血くんは、何度も何度も同じようなこと言ってたんだけどねぇ。
別の部署では、女子社員1名に振り回されてるらしく。
「具合悪い」が口癖の彼女は、遅刻か休憩ばかり。
そのくせ、呑み会や遊びイベントには必ず参加してる・・・と。
一体どんな子なのかと、忍者の如く見に行ったら(笑)

キャワ(・∀・)イイ!!

いかにも病弱そうな、シロウサギみたいな華奢な感じの人でした。
自分に直接危害がないと、あんまりアーダコーダ思わないもんです。
人間てそんなもんです。いや、私がか(笑)
友達の自由奔放さは許せても、恋人のそういったことは許せない(怖w
そんな感じ?(笑)
前に高知東急(東生?)さんが結婚前は、高島さん(奥さん)に「アナタのオオラカなトコいいねぇ!男はそのくらいじゃないと!カッコイイよ!」と褒めてもらったけど、結婚した途端に「アナタのそういう大雑把なトコがイヤ。」と全く真逆なことを言われた・・・という話をしてるのをテレビで観たことがあり。
高知さんが「真逆じゃん!」と反論したら、奥さんが「当たり前。友達と夫じゃカッコ良さの意味が違うし、常識外れなことはしてほしくないのよ。」みたいに言われたと(笑)

ちょっとズレテル?
でも、そんな感じの意味(笑)



熱血くんがキレたのには、私も少し責任を感じたり。
何度も言ってるのに改めようとしないアルバイトくんに、そのうち自覚持ってくれるかな、と期待しつつ、反面うんざりしてたトコあって。
散らばった仕事をフォローしつつも、放置してたんだよね。
先輩が、「まあ、夏のバイトなら他にもイッパイあっから。」とコワーーーーイ一言で締めた後、ずっと黙ってた冷静くんが言い放った一言が室内にシロクマくんを出現させることになり(笑)
シロクマくんが3匹コサックダンスをしてる幻影が・・・(倒




「ガキはどこ行ったってダメなんじゃん?」




(((((((((((((((((((((;゚∀゚))))))))))))))))))))))) 




カ、カンクロー?とココロの中でつぶやきながら(馬鹿)、ブルブルブル・・・。


突如現れたいぶしボスがアルバイトくんをどこかへ連れて行ったのですが。
この部屋、ゼッタイ監視されてる!!!と皆で怯えつつ。
怯えつつも、打ち合わせ室でしばし宴会みたいなノリで盛り上がってる3人の姿に笑いつつ、私はいただいた差し入れのオレンジシフォンケーキに合わせる飲み物を考えたり写真撮ったりしてました(笑)あんまり美味しそうだったから(笑)

orange
ほら、オレンジピールの香りが漂ってきそうでしょ?


さて。ここで問題です。
このシフォンケーキ1台を、3回カットだけで8等分したいと思います。
どうやって切り分けますか?

これは甥っ子が出してきたPQテストですが、先輩達にも出してみました。
うげー。簡単に答えられちゃったよー(泣
うふ。私も簡単に答えて、甥っ子を泣かせましたが(笑)

学生のうちは、IQ(知能指数)が重要な事のひとつだけど、社会人になったらPQ(潜在能力指数)が大事なのかもしれません。
生活能力といういか常識プラスアルファというか。

キューピーじゃないですよ?(笑)

全然関係ないのですが、ちなみに冷静くんの髪の毛の色は、光の加減で暗黒へ導かれそうになるアッシュ系です(笑)
髪の毛の色にはわりと寛大な会社なんだけど、ピアスはダメなんですね。
女子はいいけど男子社員はダメ。
なんででしょうか。不思議です。
いずれにしても、やる事やってなきゃアウトですけど(笑)


posted by ruru at 02:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月10日

Cheesecake!! I'm lovin' it!?

今日はお休みなので、サイトの画像をいじってみました。
以前のに決めたときは、んーいんじゃなーい(笑)と満足でしたが、突然薄ら寒い感じがしてきて(笑)
今度のも一時しのぎみたいだけど(笑)
また時間のあるときにでもユックリと。

さて、先日もんじゃを食べに行きました。
もんじゃメンバーというのがいて(笑)どんなメンバーなのかって?(笑)
モジャ公みたいな(笑)
ドテの作り方で毎回モメルのですが、それぞれゼッタイ譲らない(笑)
どっちも美味しいので、順番コということで(一件落着

笑いながら煙草を吸っていて、ヨダレをたらした人がいるんですけど、どう思います?(笑)
飲み物を飲む瞬間にそういうことされると、困ります(笑)
あっちでヨダレ。こっちで吹き出し。
店員さんは、何でこんなにお手拭きの追加があるんだ?と訝しげな態度でした。

私は煙草を吸わないのでわからないのですが、吸う人の中では何人かヨダレ体験済みでした。
吸う、はく、で忙しいのに、笑ってたりしたら機能がストップしそうだ。
ほんの一瞬が命取り。
私ならダラダラだな(汚


いきなり汚な話題で恐縮です。


さて。
「平和の味は砂糖の味なり。砂糖の需要は、生活の度と正比例す」と述べたのは、誰でしたっけ(笑)
甘いものが充実してるときは、平和だということでしょうか。
確かに甘いものを食べてるときって、ココロも平和だよね(笑)
私はもともと甘いものが特にスキというわけじゃないので、バランスが悪いのかな(笑)
すっごい疲れたときに、すっごい甘いチョコパフェやチョコレートケーキが食べたくなるときが稀にあるくらい。

今回のもんじゃ焼き会の最後は、包み焼きとかいうので中身はあんこと生クリームでした(甘
その香りに悶えつつ、出来上がれば、味に舌鼓を打ちつつ。

平和だ。

私の心のバランスを保ってくれるものは、甘さ控えめのチーズケーキでしょうか。それとアイスティ。
竹籠に入ったアレですね。ガーゼなんかで包まれちゃってるヤツですね、ハイ。



今朝方、物凄くリアリティのある夢を見ました。
見たような気がします(笑)
短い時間だったのに、とても長編でドッと疲れてしまいました(笑)
哀しくて悔しいことも多かったけど、楽しくて嬉しいことも多かったんだよね。
と納得させてくれた夢でした(笑)

さ。
いよいよ再来週から夏休み旅行です。
今年も行きます北海道。
友達のペンションがさらにさらにパワーアップしてきました。
凄すぎ。
着々と夢を実現していく様は、ホント脱帽で感動です。






posted by ruru at 17:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Don't cut the limb you are standing on.

やりすぎじゃーないですか?トシさんや(笑)
新選組!の話です(笑)
サイキン、テレビドラマは“新選組!”しか観てません(笑)
多忙なわけじゃないんだけど、腰を落ち着かせてじっくりまったりしている時間が、というか、余裕が(笑)ないようなあるような(笑)

そそ。
やりすぎじゃーないですか(アゲイン
いくらトシ大スキでも、今回はちょっと。
源さん、何で止めなかったんだろう。
自分の利益や何やらの、そんなちっこい事で動いてる人じゃない、って事は皆わかってるし、新選組のためだけを考えての行動だってことも皆わかってるんだろうけど。
私もわかってますよー(笑)
でも、ミセシメの切腹は筋が通らない。
せっかく、腹を割って和解できたばかりなのに。殿の粋な計らいを頂戴したのに。
真っ直ぐな近藤の気持ちを裏切ることになるとは思わなかったのかい?
結局、自分にタテツク者は除外する、という風に思われても仕方ない。
でも、トシもそれでいいって言ってたね。
それでも、好き好んでやってるわけじゃない、とも言ってたね。
それぞれの信念に基づいて行動実行しているんだろうけど、なんか、とても後味の悪い流れでした。
池田屋事件のご褒美でも、近藤は皆公平に分け合いたいと思ったんだろうけど、土方は活躍に見合うものを、と考えたし。
差がつけば、それを励みにもっと新選組に貢献しようと隊士達もさらにがんばるものだ、ということで。
近藤は、許す(受け入れる)ことで解決しようとし、土方は許さないことで意思を表していて。
その先に見ているものは同じなのだとしても、生き方は違うものなんだなぁ。
平等でなければならないことは、何もないんだよね、土方にとっては。
浅はかさや軽はずみな言動で切腹になるのなら、左之助はとっくに・・・。


山南さんは、何でもお見通しすぎて辛いとこあるんじゃないかなぁ。
先の先が見えすぎちゃって、他の人には見えないとこまで見えちゃって。
だから、何を言ってもその時点では理解されにくい。
事が大きくなったとき、事態が恐ろしいことになったとき、山南さんの危惧していたことがわかる。
そのとき改めてスゴイ人だったんだ、と気づく。
いなくなってわかる。
でも、いなくなって甲子太郎が来る(笑)
だから、わからないまんまなのかな。

次回「山南脱走・・・」
アラヤダ(笑)

苦境にぶつかって逞しくなっていくもんだ、とよく聞くけれど。
そういった意味で、山南さんは新選組に対して過保護すぎたのかもしれないね。
優しい、というか、平和主義、というか。
転ばぬ先の杖を渡そうとしすぎたのかも(笑)

山南さんが女の人と!
女の人のセリフの、
「むずかしい話をしている人を見てるのがスキ。」
というのに激しく同意した私です(笑)
むずかしい話というか、その人のスキな話題ってことになるんだけど。私の場合。
内容がちんぷんかんぷんでも、全然構わないんだよねぇ(笑)
楽しそうに話している顔を見ているのがスキ(笑)
相手側としては、話がわかった方がいいんだろうけど(笑)

そうそう。
結構驚いたのが、近藤さん、総司の病気の事を薄々感づいていたんだね。
この何週かで、近藤勇の魅力がわかってきました(遅
誠実で愛情深くて。
だから、色々振り回されてしまうんだろうけど(笑)

トシみたいな人が現実にいるとしても、とても魅力的。
けれど、やっぱり、やっぱりね、誠実さに優るものはないです。
信じてもらうこともとてもタイヘンなことだけど、信じることも意外なほどむずかしいものだよね。
その辺のところを近藤は結局はわかってくれるから、トシも悩みつつ迷いつつ突き進んでいけるんだろうなぁ。
トシにとっては、いい加減な気持ちで建白書を下書きした隊士の不誠実さが許せなかったんだろうけど。
いい加減な態度は、何も生み出さないものだものね。
そこんとこでトシは、やっぱりスキなんだよなぁ。
でも、やっぱり解せない(笑)

と、ドラマに対してやけに熱くなってしまってますが(笑)

三谷さーん、毎週楽しんで観てますよー(・∀・)ノ



全然関係ないんだけど(笑)
イイこともイヤなことも、キレイさっぱり流してしまおう。
ココロに流れを持たせよう。
気持ちが澱まないように。
そして、次へ進もう。

と、そんな風に思おうと思ってる(笑)今日この頃です。


なーんて考えるあたり、新選組占いで結果が“山南さん”と出た私らしいと言えば私らしいよね(笑)
甘くて優柔不断で(笑)
山南さんを庇うわけじゃないけど(笑)、色んなことが見えてきてしまって混乱してしまうと距離を置いて考え直してみたくなる(笑)
それが逃げてるように見えるのなら、そうなのかもしれない(笑)

またまた違う話になりますが(笑)
ホント人をバカにするのが上手な人だなぁ、と思うことがありまして。
自覚あるのかないのか。
中途半端で終らせるのが得意なんだね。
いくら人それぞれ、と思う私でも哀しい気分になりますよ。
自覚ないとしても、それはそれで問題だと思うけど。
自覚あってのことなら、どういうことなのか説明して欲しいくらい。
バカにする気持ちはあっても、それをオブラートに包むことも大切なことだと思うよ。人として。
無意識でしたことだとしても、自分がしたことをよく思い返して想像してみて欲しい。
自分が同じことされたら、どんな気持ちになるかって。
ホントはそういった感情に、とても敏感な人なんじゃないかと思うんだけどな。
だからこそ頭にくる(笑)
不安→悲→ムカつき→笑い→哀。今、こんな気持ちでいっぱいです。




と、ちょっぴり憤りを隠せられなくなりつつ、リンクした新選組占いの様子が前と少し違う気がしたので、改めてやり直してみたら・・・。

結果:沖田総司。

・・・。
ま、まぁ占いだからね、うん。
で、でも、私、総司みたくアケスケに物を言ったりしない・・・(笑)

急いでたので名前を入れ忘れたら・・・。

「名なしさんの本当の名前は、エリザベスです!」

・・・エリザベスて(笑)
ムショウにウケてしまったので、良しとしましょうか(諦
ダイスキでも受け入れられない面もあるものだよねぇ。
私の言動も矛盾だらけだけどね(笑)







posted by ruru at 03:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

comma-counter ?

新聞の記事で読んだのだけれど、幼稚園児の間で自分のことを「うち」と呼ぶのが
流行っているらしい。
東京都内のある私立小学校でも、「うち」を使う児童が多いため「言葉が乱れて
いるので家庭で指導を。」と学校側は通知したとのこと。
前出の幼稚園でも、「わたし」に言い直すように指導しているという。

うわー。厳しいのね。
というか、「うち」って乱れているうちに入るのかな。
オンオフの区別をつけなさい。って意味の指導なんだろうか。
じゃあ、自分のことを“ちゃん”づけで呼んでいる子にも注意したのかな。
人前に出たらちゃんと話せた方が良いのはわかるけど・・・。

関西の友人が多いので、「うち」という言い方に全く抵抗も違和感もなかった
私ですが。
幼い子が使っていても、そんな感じかな、と。
あとは、テレビの影響か。
一番身近な子供の甥っ子も、小さい頃は“くん”づけで呼んでたし。
その後、ボク→おいら→オレ。と変遷があり。
11歳の現在は、“俺サマ”。
俺サマ同盟とかいうのがあるらしく(笑)
そういった移り変わりを見てきたので、「うち」くらいで目くじら立てないでも・・・
と。

生活探偵(笑)の調査によれば、幼稚園児に“うち”呼びを流行らせたのは、
『おジャ魔女どれみ』の“あいこちゃん”だということで(笑)
意外な人物のご登場に、
ビックリしつつ笑ってしまいました。
大阪出身の小学生あいこちゃんが「うちなぁ・・・」と話しを切り出すときは、
本音を話し始めるとき。だそうで、あいこちゃん同様、幼い子が「うち」を使い
始めたら、その後には本音が来ると考え耳を傾けてあげましょう、と。
これは良い指導ですよね(満足

女子高生の間でも「うち」は使われているらしく、その場合の「うち」は、親しい
仲間と本音を話すときに使われているようです。
幼い子と同じだよね。
違うのは、高校生くらいになると、「うち」を使う相手は限定されてるし、
使う本人が選んでる、という点。
つまり、仲良し以外には使わない、ってことだね。

ということは、
幼い子が「うち」を乱用していたとしても、高校生くらいになったら、時と場合と相手を
選んで使い分けできるようになってるってことなんだよね。

んーだから、あんまり厳しくしないで、その後に続く話の内容の方に目を光らせた
方がいいよね。

とかマジメぶって書いてますが、ホントのところ、あいこちゃんが「うちなぁ・・・」って
悩み事とかを打ち明けるシーンを観たことがなかったので、そうだったのかーと。
そっちの方が少しショックだったり(笑)


言葉の乱れは凄まじいものがありますね、甥っ子は。
男の子だから仕方ないのかもしれないけど。
乱れも相当なもんだけど、話しをしてて違う意味で恐ろしいものに出会うときも(笑)

甥っ子「まあ、すいちょくに言うとだねー」

なにやらカッコつけて喋ってましたが、それ、率直(そっちょく)と言うべきですがに(笑)

・・・大丈夫だろうか。


posted by ruru at 00:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。