新着記事
カテゴリ
<< 2006年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2004年09月14日

LOVE & PEACE !

雨が降ってきたので明日結婚します。

と記してホントにご結婚された方がいます(笑)
唐突で粋でカッコイイな、と思いました。


先日、駅で近所のおじさんに遭遇し隣席でおしゃべりしながら仕事先へと。
一人暮らしをしきりに勧められました。
親元での生活の便利さを知ってるからできないし、今更感が満載です…と応えたら、話は何故か水道代やトイレットペーパー代へと移り。


おじさん「ねぇねぇ。今さ、トイレットペーパーいくらだか知ってる?」
私「…?」
おじさん「一ヶ月のガス代とか水道代ってわかる?」
私「…。」
おじさん「生活費がどのくらい必要だか見当つく?」
私「…」

こんな話を以前にもしたような…。
なんか頭を上から押さえつけられてるような気分になり(笑)

そういった経済的なことは、旦那様に任せるからいいや…ってことじゃダメですかね。
食費だけ管理するってことじゃ。
その中でやりくりするってことなら、できると思うんだけどなぁ(笑)
野菜の皮まで使いますから私(笑)

と、話したら降りる駅まで(同じ駅だけど)色々レクチャーしていただきました(笑)
出来ることは事前に学んでおこうかな、と思わせるおじさんの喋りは流石営業部長だ(笑)


そういえば、トイレットペーパーもダブル派とシングル派があるらしいね。
それでモメたりするんだろうか(笑)
うちはずっとダブルだけど、もし、シングルにしようよ、って言われたら、とりあえず試してみようか(笑)
譲歩(大げさ)できれば、そうしてみよう。とりあえず。
そういう生活習慣の微々たるズレからケンカって始まるわけだしねぇ。
我慢すれば、いつかきっと爆発しちゃうんだろうけど。お互いに。
でも、我慢できることならどうにかなるだろうし。
トイレットペーパーがシングルかダブルかで?って笑ってられるのは今のうちかもしれない(笑)

共通項があればあるだけ過ごしやすいんだろうけど、実際は結構違うことが多かったり。
で、合わせてみよう、とか思うと、お互いそうしてしまって逆転チグハグに(笑)
そんなことが面白くて嬉しい今日この頃です(笑)


ダイスキな先輩が体調を崩して暫く休職することになり、寂しい限りです。
半年くらいなんだけどね。
半年って結構長いよね。

早く帰ってきてください!と言いたいのを我慢して、時間できたら連絡くださーい。と伝えたら、ん。待っててねぇ、と。
…3日も経たないうちに連絡がきました(・ω・)ノ イェイ!
先輩がよく口ずさんでいた歌詞が乗り移ってしまいました。

笑顔咲ク〜♪
posted by ruru at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

LAISSE PASSE !

“たら様のハンバッカかえせっ!!!”って、どういう意味?と聞かれました。

“たら”様じゃなくて“とら”様!と血管浮き出るくらいの勢いで言ってみても、怪しさはあんまり変わらないですね。

とら様が食べたがっていたハンバーガーをかがりという女性が買ったのですが、そのハンバーガーをある悪者が奪ってしまったんですね。奪ったというか、たまたま取れちゃったというか。
せっかく食べられると喜んでいたとら様の意気消沈ぶりを見て、かがりが電光石火の勢いでハンバーガーを取り返しに走る…というか、飛ぶ・・蹴る…というか。
そのときに叫ぶセリフが、「とら様のハンバッカかえせっ!」なのです。
とらも自分で行こうと思えば行けたんだけど、かがりの方が一歩速かった。
気持ち的にも行動的にも。
このセリフには、愛情がイッパイ詰まってるように思うのです。

このセリフで泣いた人は、世界中で私ひとりだと友達に言われたけど他にもいると思うんだけどな。
泣く場所違うよ!と言われることにも慣れてきた今日この頃です(笑)

あ、これマンガの話ね(笑)
現実と間違う人はいないだろうけど。
うしおととら、というマンガです。




この世の二大暴君とは一体なんぞや。
話題急変ですが(笑)
人類史哲学理論としてドイツ批評家ヘルダーは、「偶然」と「時間」を挙げています。
曰く、このふたつ、人を苦しめるのは同じでも手のくだし方は違う、と。
不意の一撃で殴り倒すのは「偶然」、いつ終るともしれぬ“待つ”という行為を通して慢性疾患のように人をさいなむのが「時間」だ、と。
だとすると、二大暴君のダブルアッパーカットはキツイだろうなぁ。
瀕死の重態になっちゃうかも。
でも、不意打ちのラッキーで救われたことは何度もあるし、待つ行為を通して自然治癒してきたことも多いしなぁ。
物は考えようです。

なんだか前にも増してお気楽者になってきました。どうしましょ。
ぬるま湯につかりすぎて脳が溶けてきたのかしら(笑)
サイキン一日が過ぎるのが速いです。
ちょっと待って!ちょっと待ってーで一日が終る感じが(笑)
秋が深まれば、もっと短く感じるんだろうなぁ。


ドーナツを買ったらケータイストラップが当たりました!
ラッキー千石(誰


            pon


たら、って言ったらアレですよね。ハーイ!チャーン!バブー!(笑)
タランティーノって言う人も多いかな。
posted by ruru at 00:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

お土産品評会(笑)


さて。
チラリチラチラと北海道のお土産風呂敷を広げようかと(笑)
帰ってきてから何日経ったんだ…という(笑)
ま、まあ腐らないから大丈夫。

omiyage

では左上から。
夕張メロンではなく富良野メロン。
赤肉です。これは甥っ子が恐怖の赤肉メロン好きなので、現地で購入後宅配してもらいました。
奮発して大玉にしましたが(笑)、やっぱり大きいものって大味なのかなぁ。普通サイズで美味しさがギュッと詰まってるものの方がいいよね。
でも、美味しかったです。届いてからしばらく家中がメロンの香りで嬉しい気分に(笑)
メロンの香りというと、村上春樹氏の小説に登場する、良い感じにお肉がついてるふくよかな女の子を思い出す(笑)
メロンのコロンをつけてるんだよね。
いけない、脱線しそうだ(いつものこと

では、右端。
今年のお土産ランキングで1位か2位のロイズのポテトチップチョコレート。
チョコは片面だけにかかってて、ポテチのしょっぱさとチョコの甘さとが微妙(笑)
甥っ子は「くさってる?」と一言。
失礼な!
「なんか味が変?」とも言ってた(笑)
しょっぱ甘がウケてるらしいんだってば(笑)
ロイズのチョコは生チョコが美味しいよね。このポテチにかかってるチョコも美味しい。
ポテチ自体も北海道産のじゃがいもを使ってて、塩加減も良くて美味しい。
別々に食べたいなぁ、と思ったり(笑)
リピーターって多いのかなぁ。ちょっと疑問(笑)

左下は、とうふちょこれーと。
北海道初オホーツクの海水にがり使用。お豆腐をフリーズドライにしてホワイトチョコでコーティング。
サクサクしてて美味しい。お豆腐なんだよねこれ。
北海道初!に魅かれて購入(笑)

下真ん中。
今年のお土産ランキング堂々第1位!六花亭のサクサクカプチーノ霜だたみ!
…。
……。

いつものマルセイバターサンド買ってくれば良かったーーーーー!!!

霜が降りた朝に地面を踏みしめた時の、サクサクとした感触をイメージして作られたという人気商品、とのこと。
薄くのばした生地を幾層も重ねて焼き上げた香ばしいチョコレート味のパイに、六花亭特製のモカホワイトチョコレートクリームがサンドされている。

ふむ。
生地はホント、サクサクしてる。
ボロボロこぼれる(笑)
これ、甘くなきゃ美味しい。
クリームは美味しい‥かなぁ…(笑)

最後のは、日本初!(笑)北海道塩チョコレート。
オホーツクの自然塩使用。
上質のホワイトチョコにオホーツク海の自然塩を加えました。さわやかな甘さがお口いっぱいにひろがります…と。
んー。まったりなお味です。
日本初!に魅かれて…(笑)



めずらしさが先にたったお土産でしたが、まぁまぁ、って感じですか(笑)


今回の旅行で、いつもの様に色んなものを食べたんですが(笑)
一番美味しかったのは、牧場で一生懸命作ったバターかな。
友達のペンションで催されてたんで参加してみました。
生乳の入ったビンを一生懸命振りまくって作るんだけど、結構タイヘン。温度が高くなっちゃうと変に分離しちゃうから、時間との戦い(笑)
上手にできると、それはもう美味美味美味の感嘆符!(笑)
シャーベットみたいな感じで新鮮なサワヤカさ。
ホクホクのふかしたてのじゃがいもに塗って食べました。
あれ食べちゃうと市販のバターは食べられなくなっちゃうね(笑)
posted by ruru at 02:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | photo-studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

Have a field day !

秋冬に向けて、旅行計画を立ててみました。
小さいのと大きいのと。
計画立てるの好きですねー。
友達の行きたいトコとかも考慮したり、行きたいトコを交互順番コにしたり。
友達の案で、それまで興味なかった場所や考えもしなかったところに行って新発見ってあるしね。

夏の疲れが出始めたので、私は温泉があればどこでも良いのですぐわ(笑)
でも、温泉でひとつトラウマが(笑)

湯あたりしてしまって休憩した後、友人達と時間差でエレベータに乗ったときのこと。
全然知らない同世代くらいのグループが途中から乗ってきて、暫くして私を指差し唐突に言い放ったのです。

「キミ!ミスりんごちゃんに決定!!」

へ?とオロオロしてたら、

「ほっぺがほんのりまっかっかー♪」

と、ヤンヤヤンヤワイのワイのと。

湯あたりで気持ち悪いのと、見知らぬ人に言われたのとで、私らしくなく(笑)ボーとしてしまったら(ボーはいつもですけどw)、その中のひとりが「その辺でやめとけよ…」と。
そうだよやめとけよ…吐いちゃうよ?とか思いつつ(笑)
宴会場の階にエレベータが止まってドアが開いたら、友達が待っててくれてホッと(笑)

このとき以来、温泉帰りはひとりで行動しない方がいい、と。
コワイというより、傷ついた(笑)

というか、ほんのりまっかっかーって(笑)日本語変ですよ?(笑)
今思うと物凄くウケルんですけど(笑)
あの時は、気持ち悪くて立ってるのがやっとくらいだったからね(笑)
脳震盪に近い湯あたりは、この世の終わりみたいな気持ち悪さがあるんだよね。
あ、あと二日酔いにも近い(笑)

湯上りに顔が白い人っているのかなぁ。
どんなに皮膚が厚い人でも、ほんのり桃色になるよね?
私の場合、赤→白→青白になったら大変。
貧血秒読み(笑)
温泉好きなのに、それを存分に楽しめない体質って、哀しいですね…。


むかーし、サークルでの合同合宿のときに歯磨きしてたら、同じような絡まれ方をしたことがあります。
泣きそうになりながら、逃げ回った記憶が(笑)
なぜ逃げるかって?
ペッて出来ないじゃん!口漱げないじゃん!(笑)
若かったんですねー(笑)
友達が対抗してくれてる間に、ペッしてブクブクペーを済ませ事なきを得ましたが(オーゲサ


なんか妙にバカっぽい絡まれ方をされた時期があったんですね。
私がバカっぽかったんでしょうか(笑)
今考えても謎です。
しゃべらなきゃ知的に見えるって評判なんですけどねぇ(笑)
しゃべったら馬鹿ですよ、ええ(笑)
それは否定しません。出来ません。しちゃいけません(笑)



そうそう。
札幌の街を歩いていたら、ニケのモニュメント?らしきものを発見しました。

nike

かなりデフォルメされていて、うーむ。と唸ってしまいました。
どちらかというと、忠実に再現されたものの方が好みなので。
ん。抽象的なセンスがないだけかもしれません(笑)
ちょうどギリシア神話を読んでいた時期と重なったので、ビックリ嬉しかったです。
札幌のデパ地下で買出しをしてたら、友達がリカー売り場で店員さんにつかまってました。
アルコールダイスキな友達なのですが、何も買わずに戻ってきたのでどうしたのかと思ったら…。

「奥さんお酒強いねぇ。」

と言われたのにご立腹のご様子で(笑)
奥さんて思われても普通の年齢なんだけどね、やっぱりショックだったりするもんだよね。
でも、その友達は以前(20歳頃)にもそういった声のかけられ方をよくされてて(笑)
なぜかいつもリカー売り場なんだけど(笑)
一緒に居た私はアルコール試飲程度で酔っ払ってしまうので、ヘラヘラしてたら、

「おかあさんは強いのに、お嬢さんは弱いんだねぇ」

と。
その一言ですっかり酔いが醒めちゃいました。
20歳で20歳の子供って(笑)
有り得なーい。
その後の彼女の荒れようと言ったら、それはもう(嵐

年頃(色んな意味で)の人に声をかけるときは、よーく考えないといけませんね。
薬指を含め、ジャラジャラとマダムばりな指輪をつけてたからじゃないかなぁ…ということで一件落着(笑)
私だって、お惣菜のところでうっとりとお料理を見てたら、「どれも美味しいですよー。おひとついかがですか若奥さん!!」と声をかけられました。
“若”がつくとちょっと嬉しい?(笑)
ひとりで照れてしまいました(バカ

posted by ruru at 01:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

Bite the dust.

ぎょーえー

昨晩、何かやることがあってパソコンを立ち上げたのですが、すっかり忘れて呑気に日記など書いて寝たのですが…


ぐーえー


ああスミマセン。何度も奇声を発してしまい。
発せずにはいられない。


ショックの元はコレ
うううん。注文できなかった…。
これ美味しいです。何度も食べてます。
予約限定販売なのがまた魅力的?(笑)

そんなこんなで見入っては勝負を決めたり(笑)
次回、狙っているのは(商品ラインナップはこちらw)パリブレスト、ブリー・ド・ナンシー。
モンブランのモンブランは美味ですよー。
そんなに甘くなくて、あんまりあとを引かない(笑)
あまりほめてない?(笑)
いやいや、甘くなくてあとを引かないけど美味しい。
最上級のほめ言葉です(笑)

そろそろ味覚の秋ですねー。
温泉を兼ねて美味しいものを食べに行きたいです。
すぐ貧血起こして倒れるけど(困

さて。
今日はこれから、ニンニン♪ハットリくん(ほっぺにくるくる)を観てきまっす!

元気はつらつー!?オフコース!ヨン様もしっかり「オフ」って言ってるね(笑)

いってけまーす。
posted by ruru at 11:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Once in a blue moon!

カッサンドラの孫の孫が出てきたっ!と甥っ子がなにやら騒いでいました(笑)
昨日購入したハリポタ上下巻を、今日も帰宅後夕食もそこそこに読みふけり読破した模様。
速い。速すぎる。

カッサンドラはギリシア神話に出てきますね。
なぜ甥っ子が知ってるのか謎ですが、妙にカッサンドラがお気に入りのご様子。
一体何故。

「世界一有能で世界一孤独な予言者」というフレーズが気に入ったらしいですが(笑)
私はカッサンドラという名前の響きに、つい笑ってしまいます。
まい泉ヒレカツサンドを手に喜んでる子供みたいでしょ。
「わーいカツサンドらー(ハナタレ」

さて、なぜ彼女は世界一有能で世界一孤独だったのか。
それはまた今度(笑)


つい先程まで隣の甥っ子の部屋から、「ひでぇひどすぎる!」「さいこー」「ぅわー」という声が聞こえてきてました。
読書しながら独り言をいう子なんですね(笑)
今回は何回読むのかなぁ(笑)


ギリシア神話を同時期に読んでたとは、知らなかった。
甥っ子はマンガみたいですけど(笑)
今度借りてみよう。
posted by ruru at 03:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kewpish Love(8/14)他



Kewpish Love(8/14)

キューピー人形の生みの親、ローズ・オニールの表現した理想的な世界。
困ったちゃんや困ってるちゃんをキューピー達がなんやかんやアレやコレやと解決していくというラブのココロをキューピッシュラヴと表現しています(説明下手
詳しく知りたくなった人はこちら(笑)

キューピーを見てるとなんとなく癒されます。
子供も大人も動物も、笑顔が可愛かったり怒った顔がなんか笑っちゃったり、と色々あるけど、寝てる顔が一番スキだなぁ。
真っ裸で許されるのは、キューピーくらいじゃないでしょうか(笑)ロイヤルローズかわいい!!


Idle hands are the devill's workshop?(8/16)

直訳すると、「怠け者の手は悪魔の作業場?」。
コワイですねー(笑)
これ日本の諺では、“小人閑居して不善をなす”。
暇な時間が有り余っていると、ろくなことをやらないもの。
そんなとき悪魔が悪いことを教える…、と。
魔がさす…というのに近いかもしれません。
時間が有り余ってると、まず寝よう!と思ってしまう私には無縁と言えば無縁(笑)
時間がたっぷりあるから、と、丁寧にお化粧したらオバケみたくなっちゃった…ってことなら何度も…(笑)

他の言い方として、

Doing nothing is doing ill.
やることがないと悪いことをする。

Satan always finds work for idle hands.
悪魔は怠け者の仕事を見つける。

ふふふ(怪
悪魔って、ヤーネ(笑)

ちなみに、車のアイドリング禁止!とか言うのはidling。エンジンの空回転という意味。idleの進行形です(笑)
コンピュータ用語(?)で使われるアイドルタイムも、idleから。
無作業時、CPUの遊び時間、という意味です。


Brainstorm...(8/18)

直訳すると、「脳の嵐」。
脳みそが嵐る(笑)・・・る(笑)
ひらめき、という意味に近いですか(質問
良い意味では、嵐の如く突如ひらめいたアイディア。
逆だと、唐突な精神錯乱(笑)

よく聞く'brainstorming'は、グループ内で意見を出し合って問題解決していく方法という意味。
キューピー達もbrainstormingしてKewpishloveを与えてくれてるのかな(笑)

スパイラルというマンガに出てくる子供達は、‘brainchildren’と呼ばれてます(話題急変
'brainchild'は、頭脳の産物という意。
なんだか怖そうでしょ(笑)
あ。ここでもbrainchildrenは方向性や表現方法は異なるけどkewpishloveを模索してます。


Dear John...?(9/1)

親愛なるジョン様。
わたくし、かねてから貴方様のことをお慕い…

てな事ではありません。
むしろ逆です。
Johnは、英米でも最も多い男の人のファーストネームのひとつ。
ということで、これは女の人から恋人などへの「絶縁状」でございます(笑)
私の日記のタイトルにはハテナマークがついてますので、もしかしたら絶縁状であり、もしかしたら恋文であり、と(笑)
Johnは他の人かもしれないし、自分自身かもしれないし、と(笑)

自分に恋文って…(笑)
有り得ないかもしれないし、有るかもしれないし。



            それは、ないね(笑)



…ということで良いでしょうか(誰に質問



posted by ruru at 02:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | wordwords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

Dear John... ?

長続きの秘訣は、お互いに期待し合わないこと。

これは、結婚7年目突入のご夫婦のお言葉です。


この言葉はホントよっく耳にするよねぇ。
期待…ねぇ。
どういう期待なんだろ。
自分を喜ばせてくれる、とかいった自分に向けての期待、ってことなんだろうか。
その人自身の成長や成功への期待、だろうか。
全部含めた期待なんだろうかー。

どちらかと言えば、意識して期待することはあまりない私ですが(冷めてる?w)、普通の流れで「アラヤダ」みたいになったとき、期待してたことに気づくことも多々あったり(笑)
だからと言って、それを責めたりするわけでもないけど、そういうことが続けば情熱は冷めるだろうね(笑)

ということは。
結婚相手が期待はずれなことばかりすると、やはり愛情は冷めていって続かなくなる、ということか!
だから変に期待するのはヤメとこ。ってことか!


うーん。


とりあえず結婚というものに、まだ夢を持っている私なので(笑)よくわからんですね。
体験してみなきゃ、わからんもんね。
結婚に限らず、恋人との関係もそうだろうしねぇ。
ホントありきたりなことだけど、“価値観”は近い方がいいんだろうなぁ。
何を大切にしてるかが同じだと、通い合うものは多いだろうし。
どんなことに傷つきやすいかが共通してると、哀しむことも少ないだろうから。

という風に思うのは、私自身が自分と逆なタイプに魅かれやすかったことから得た教訓(笑)

なんて言い方すると、被害者っぽい?(笑)
そんなことはないです。恋愛もケンカも両成敗だと(笑)
勝ち負けじゃないけどね(笑)

きっと、自分が楽しかった分だけ相手も楽しくて、哀しかった分だけ相手も悲しかったことがあったんだろうと思うし。


期待し合わないって、すごい課題だよなぁ(笑)

以前、友人の結婚式のとき二次会で質疑応答タイム(笑)があって、

「今後ご主人に何を期待しますか?」

なんていう質問があったんだけど…(笑)
花嫁さんの答えは…

「これからの毎日を彼がどれだけ私を驚かせてくれるか…。それが楽しみです。」

と。
単純な私は、ステキステキ!どんなことをどーやって驚かせてくれるか楽しみだろうなぁ、とウルウルしながら聞いてたんですが、隣席の友人が、

「シアワセな驚きばかりじゃないだろうね(怪」

と一言。

不吉だよ!

その後真顔で、「んな毎日毎日奥さんのことばっか考えてるような男はあたしゃイヤだわさ。」みたいなことを言ってましたが…(笑)
好みはイロイロだよねぇ。
その花嫁さんはどっぷり期待しちゃってたわけですが、あれから何年経ったんだろう。
3年くらいかな。
今は普通にシアワセそうですね。
でも、やはり、期待し合わないこと、に近いことを言ってましたねぇ何気に。



私が一番気をつけなきゃいけないことは、喜んでくれることを期待してしまう、といった点ですかね(笑)
ムリに喜んで見せてくれても見抜いちゃうし(笑)
で、落ち込むし(笑)
扱いづらいよねぇホント。
でも、まあ立ち直りが早いんで(笑)、それでも良いそれが良い、と、願わくば笑って流してくれる人がいたら最高の相性だと思うんだよね。

と、熱く語ったら、

「すげー簡単な期待じゃん?」

と言われました(笑)
けれど、それは無理強いして得るものじゃないんで、自然にそういった関係を築ける人に出会うまで待つか、自分でどーにかしてかなきゃいけないんだろうね(笑)

と言っても(笑)
喜んでもらいたい一心でばかり行動してるわけじゃなく。
自分のやりたい事をやってる、というのが本心だったりするんじゃないかな、と自己分析。
だから、ホント哀しかったこと以外は自己満足で終らせられるとこもあり(笑)


それでも私は期待し続けると思う(笑)
相手がそれを負担に思うようなら、こっそりと。
励みに思う人なら、堂々と(笑)
で、自分でちゃんとルールを守ろうと思うよ。
期待はずれでもそれを顔に出さない。って。
期待通りなら、顔に出しまくるだろうけどねー(笑)
コレといったポリシーを持たないことがポリシー(笑)の私が唯一基本としてることは、嬉しいことはストレートに、怒りや悲しみは一呼吸置いてから、ということ。
一呼吸置いても納得できないことは、静かに主張してみる、と(笑)
実践できてるか否かは不明ですが(笑)
何歳になっても物思う葦ですね(笑)


「夕方になったら奥さんと一緒に買い物行って、帰ってきて一緒に料理して…。それだけで結構シアワセかな。」
と言って笑った先輩がとても可愛く見えました(笑)
未婚者ですけどね(笑)


と、サイキンそんな話題が多かったので書いてみましたが、なんだかんだと時間が押して焦りつつで(笑)
意味不明な長文になってたらスミマセン(笑)





ハピバースデー♪>永遠の12歳児w

           永遠のセブンチーンより(・∀・)






posted by ruru at 03:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

Chocolatier ?!

遠い遠い昔…フランス南西部がまだカタルーニャだった頃、ピレネー山脈と地中海が出会う土地に、シュクレーヌという小さな王国がありました。
そこには、この国でしか作れない珍しくておいしいお菓子がたくさんありました。
お菓子は国民を幸福にし、そのお菓子を食べに周りの国からも人々が訪れ、シュクレーヌはお菓子の王国として繁栄していました。
ところが、ある事件をきっかけに、シュクレーヌは地上から消滅し、異次元の空間にだけ存在する幻の王国となってしまったのです。


       (;・∀・)イ・イジゲン…?


その幻のお菓子王国シュクレーヌの首都(ショコラティエ)が、予言の書に書かれていた通り、北海道・札幌についによみがえりました。


…。


その幻のお菓子王国で祝宴のケーキを作っている宮廷菓子調理室、直営ケーキショップのクッキーです。
mabo

美味しいです。
北海道たっぷりバタークッキー・カマンベールチーズクッキー・ココアとヘーゼルナッツクッキーの三種詰め合わせなんですけど、全部美味。
ああ美味しい。シアワセだなぁ…とホクホクしながら、何気に箱を見ていたら、幻云々の話を見つけ(笑)
これは、空想のお話?
ホントのお話?
ある事件て何?

むーん。
謎だ。

ちょっと調べてしまって、こんな時間になってしまいました(笑)

シュクレーヌといえば、グラニュー糖を細かく砕いたお砂糖の名前…だったはず、と確認したサイト(ガリバーワールドてww)でまたしても延々と見入ってしまいました(笑)
前世がパティシエなもんで(職人気質アーンド思い込み
繊細なお菓子を作ったり食べたりするのも好きだけど、ラッピングもまた楽しい。

結局、ホントの話なのかなんなのかわからず終いですが(笑)
異次元て(笑)


さてさて。
新選組!ですが(笑)
サイキンこればっかですけど(笑)
昨日のは、面白かった。
サイショに山南さんが出てきたときは、一瞬、その前観たのは幻だったんだろうかと自分を疑ったりしたのですが、あまりの若さに笑いつつ回想シーンだと察し、それが平助のものだと知り、また涙(笑)
平助、大人っぽくなったなぁ、と感心してたら(笑)
落ち着いて落ち着いて・・・と画面に向かって声かけたくなるくらいの慌てブリが可愛かったです。
泣かせて笑わせて唸らせてくれた寺田屋大騒動でした。
「みんなそれなりにありがとー」
と言い放った近藤が慎吾ちゃんと化し(笑)
三谷さんの女性像は共通したものがありますね。
理想像なのかな。
おつねさんも深雪太夫も、ステキでした。
凛としたステキさでした。
ステキな女性はステキな男性に集うものですね。
ステキステキうるさいですね(自分

ここで封印していた(笑)新選組!HPへ(笑)
特集・山南敬助との別れなどというのが組まれていました。
堪えきれず読んでしまいました。
明日(今日か)は目が腫れていることでしょう。
蒸しタオルの準備を(笑)



posted by ruru at 02:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Happily Ever After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

くまさん。ナーイス♪

北海道の写真をチラリと並べてみました。
お時間のある方は覗いてみてください。
特にクマさん必見!(笑)見てくださると管理人非常に喜びます(笑)


 旅はこれからw       北海道限定!       オナカが小躍りw
7
 人♪人♪じんぎすかーん♪
 (食べ終わったあとw)


 夜の札幌
6


 小樽ビア           儚い夢w          目がハートw
5


 異次元空間?w        夢の靴          ケーキバイキング
4


 カワイイ看板と本日のメーンイベントw2


               森林浴w            ぱ、ぱっくん?!
1


 はーい♪くーまさーん♪3


チラリどころかズラリだね(笑)
これでもほんの一部です(笑)
噂のお土産シリーズはまた今度(笑)





posted by ruru at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | photo-studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。